7pay(セブンペイ)がお得なのはセブンイレブンだけ?7payのメリット・デメリット

「7payはどんなサービスなの?」

「7payはセブンイレブンでしかお得に使えないの?

新しく始まる7payについて、気になっている人は多いのではないでしょうか?

7payは2019年7月からスタートしたバーコード・QRコード決済サービスです。

ここでは、7payのサービス内容やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

7payとは?nanacoポイントをお得に貯められる電子マネー

7payは2019年7月から開始された新しいサービスです。

セブン&アイグループの会社が提供するサービスのため、nanacoポイントが貯まります。

7payでは200円で1nanacoポイントが貯まるので還元率は0.5%です。

PayPayやOrigami Payと同じバーコード・QRコード決済なので、支払い時にはアプリを開き、バーコード・QRコードを提示することになります。

7payのネット上の口コミ

ネット上での7payに関する話題はどのようなものがあるでしょうか?

Twitterの7payに関する口コミをご紹介します。

など、7payへの期待や疑問の声があります。

サービスが始まったばかりなので、いろいろな疑問を抱くのは当然でしょう。

7payの使い方

7payはセブンアプリから登録し、7payに「マネー」をチャージすると使うことができます。

チャージは店頭レジ、セブン銀行ATM、クレジットカードなどからできるそうです。

nanacoでは、クレジットカードからのチャージの場合は店頭レジやセブン銀行ATMで「残高確認」をしないとチャージ金額が反映されず手間がかかってしまいます。

「残高確認」は利便性に欠けるので、7payでは残高確認なしでクレジットカードからチャージできることを期待します。

7payを登録するためのセブンアプリは、7iDに会員登録することで利用することができます。

1つの7iDでセブンイレブンアプリ、イトーヨーカドーアプリ、オムニ7で利用できます。

セブンアプリでは、次のようなことができます。

  • バッジを集める
  • クーポンを獲得する
  • 抽選キャンペーンへの参加
  • nanaco残高の確認
  • nanacoポイントの確認
  • セブンマイルプログラムでマイルをためる
  • 無料Wi-Fiサービスのセブンスポットに回数無制限で利用できる

7payで使える支払い方法は?今のところ詳しい発表はなし

7payでは、現金、銀行口座、クレジットカード、デビットカードが支払いに使えます。

クレジットカードでは、VISAとMasterCardのカードを登録可能です。

また、以下の発行会社のカードも登録できます。

  • MUFGカード
  • DCカード
  • ニコスカード
  • UFJカード
  • 三井住友カード
  • セゾンカード

発行可能なカード会社のものでも、一部対象外になることもあるため、支払い前に一度登録してみるのがいいでしょう。

また、nanacoではセブンカード・プラスが優遇されているので、7payでもセブンカード・プラスを利用すると何かしら優遇されるサービスがあるかもしれません。

nanacoと7payの違い

チャージ式という点ではnanacoも7payも同じですが、nanacoはカードやスマホを店頭の端末にかざすだけで決済が完了する電子マネーで、7payはバーコード・QRコードを店頭で提示して決済をする電子マネーです。

どちらもnanacoポイントがたまり、還元率は0.5%です(2019年7月から)。

nanacoをスマホで使用する場合、おサイフケータイかGoogle Pay経由で利用しますが、iPhoneでは利用できません。

ですが、7payはAndroidスマホでもiPhoneでも利用できるのが特徴です。

7payを利用するメリットとデメリット

7payは新しい決済サービスなので、メリットやデメリットを確認しておきたいですよね。

「7payのメリットやデメリットを知ってから使いたい」という人のために、7payを利用するメリットとデメリットをご紹介します。

7payを利用するメリット

7payを利用するメリットは、iPhoneでも利用できる、nanacoポイント・セブンマイル・バッジが一括管理できることです。

iPhoneでも使えるようになる

nanacoではおサイフケータイ対応スマホ、Androidスマホでは利用できますが、iPhoneでnanacoを利用できませんでした。

7payが登場したことで、iPhoneでもnanacoポイントをためられるようになりました。

nanacoポイント、セブンマイル、バッジが一括管理できる

現在はnanacoポイントを貯めるためにnanacoカードやモバイルnanacoで支払いをし、それとは別にセブンマイルやバッジを貯めるために専用バーコードをスキャンしてもらう必要があります。

これでは、急いでいる朝や疲れている時などはなかなかバーコードを出しづらく、本来なら貰えるはずのポイントが消えてしまった、なんてこともありますよね。

7payでは、一度アプリで支払うだけでnanacoポイント、セブンマイル、バッジを一括で貯めることが出来るんです。

7payで一括管理できれば、nanacoの提示とセブンスマイルやバッジのバーコード提示で手間なくなるので、手軽にnanacoポイント、セブンマイル、バッジをためることができますね。

セブンマイルとは

セブン&アイグループの店舗で支払いの時にバーコードを提示すると1円で1マイル貯まります。

マイルがたまるとランクアップし、ランクによって特典がもらえます。

バッジとは

バッジはセブンイレブンアプリのサービスで、買い物やサービスでバッジのランクがアップし、ランクに応じた特典をもらうことができます。

7payを利用するデメリット

7payを利用するデメリットは、決済時にnanacoより手間がかかる、還元率が低くなることです。

nanacoより支払いの手間がかかる

7payはバーコード・QRコード決済のため、支払い時にアプリを開きバーコードやQRコードを提示する必要があります。

nanacoはnanacoカードやモバイルnanacoを端末にかざすだけで支払いが済むのでスピーディーです。

バーコード・QRコード決済の7payはスマホを操作する必要があるため、急いでいるとき、両手がふさがっているときには不便に感じてしまうかもしれません。

還元率が低くなる

Nanacoは2019年7月までは100円で1ポイント付与されるので、還元率が1%でしたが、7payのスタートと同時にnanaco支払いでも7pay支払いでもnanacoポイントが200円で1ポイントに変更されました。

ただ、2019年7月以降は7payでの支払いで、nanacoポイントとセブンマイルがたまり、たまったセブンマイルはnanacoポイントに交換できるので、交換したnanacoポイントで減った還元率を補填することができるようです。

ただ、0.5%分補填できるかどうかは正式に発表されていません。

nanacoポイントとセブンマイルで還元率が1%になることを期待します。

7payを使えるお店

セブン&アイグループの会社が提供するサービスなので、今後グループ店などで利用することも可能になっていくでしょう。

セブン&アイグループの主要な店舗

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • ヨークマート
  • ヨークベニマル
  • そごう・西武
  • ロフト
  • 赤ちゃん本舗
  • ニッセン
  • フランフラン
  • タワーレコード

もしセブン&アイグループでしか7payを使えないとなると利用者が少なくなってしまうので、セブン&アイグループ以外でもnanacoポイントが利用可能な店舗は7payが使えるのではないかと予想されます。

7payをお得に利用できる方法

7payは事前に店頭レジやセブン銀行ATM、クレジットカードから「マネー」にチャージして利用するサービスなので、高還元のクレジットカードチャージにしてポイントをためるとお得に利用できるはずです。

nanacoの場合、クレジットチャージでポイントがたまるカードが限定されているので、もしかすると7payでも同じように限定される可能性があります。

クレジットカードチャージするときには、「チャージでポイントがたまる」カードでないとお得感がなくなるので、しっかり調べてからチャージするクレジットカードを選びましょう。

また、ソフトバンクとヤフーの合弁会社が運営するPayPayでは運営会社のヤフーが発行するYahoo!JAPANカードが優遇されているので、7payでもセブンイレブングループ会社が発行するセブンカード・プラスが優遇されるかもしれません。

nanacoではクレジットカードでのオートチャージに利用できるカードをセブンカード・プラスに限定しているので、セブンカード・プラスを持っているとお得に7payを使えると思われます。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスはセブンイレブングループが発行するクレジットカードなので7payで使用できるカードとなるでしょう。

nanacoポイントがたまるのでセブンイレブンやイトーヨーカドーを利用する人、nanacoポイントをためたい人におすすめです。

年会費は500円(初年度無料)で、還元率は0.5%となっています。

年間で5万円以上使用すれば、年会費は無料になりますよ。

まとめ:7payはまだまだ未知数。しばらくはセブンイレブンユーザーが中心になりそう

7payの利用がおすすめの人はどんな人でしょうか?

7payの利用がおすすめの人の特徴をまとめました。

  • iPhoneでnanacoポイントをためたい人
  • セブン&アイグループの店舗をよく利用する人
  • 雑貨などを買うお店がある程度決まっている人

nanacoではiPhoneが利用できないので、iPhoneでnanacoポイントをためたい人は7payの利用がぴったりです。

2019年7月からは1%だったnanacoポイントの還元率が0.5%になり、セブンマイルをためて補填する必要が出てきました。

7payで支払えばnanacoポイントとセブンマイルを一度にためることができるので、お得にnanacoポイントをためることができますよ。

7payを利用しない場合は、nanacoカードやモバイルnanacoで支払う+セブンマイルをためるためにバーコードを提示する」という作業が必要ですが、7payなら一括でたまるので便利ですね。