Amazonの支払い方法まとめ|電子マネーでの購入は得する?100%活用する技

ネット通販の王者といえば「Amazon」ですね。

多くの人がショッピングに活用されていることでしょう。

そこで質問なのですが、支払いの際にどのような方法を利用されていますか?

もし、あまり考えていないのならば、損をしているかも知れませんよ。

さまざまな支払い方法を検証してみましょう。

Amazonの支払い方法を解説。電子マネーでも支払える?

まずは、それぞれの支払い方法について詳しく見てみましょう。

  • 代金引換
  • コンビニ払い
  • ATM支払い
  • ネットバンキング支払い
  • クレジットカード払い
  • 電子マネー払い

代金引換

商品が届く際に配送業者へ代金を支払う方法です。

メリットとされるのは、商品を目の前にしての決済ですから、必ず入金とともに商品を受け取れる点となります。

いっぽうデメリットとなるのは、現金を用意しておかなければならない点です。

手数料も気になるところでしょう。

「Amazon」では、代引手数料として税込み324円が必要となります。

コンビニ払い

注文を確定させたあと、メールにて支払い番号が送付されます。

これをコンビニ店頭に設置されている専用端末に入力して、バーコード支払い表をプリントアウトしてください。

レジにもっていけば支払いを完了させられます。

利用できるコンビニ一覧

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ
  • ヤマザキデイリーストア
  • セイコーマート
  • ローソンスリーエフ

ほとんどのコンビニに対応していますね。

手数料は0円です。

ATM支払い

ATMを利用した支払い方法です。

多くの金融機関から利用できますが、近年「不正送金」の問題が発生しており、利用不可となる銀行・信用金庫が生じています。

最新の情報を収集するようにしてください。

基本的に手数料はかかりません。

ただし、「ペイジー」ロゴのあるATM利用に限定されます。

ちなみに、「ペイジー」とは代金などの決済を窓口やレジにならぶことなくATMでおこなえるサービスを指します。

ネットバンキング支払い

ネットバンキングを利用した支払い方法です。

利用できる銀行は「ジャパンネット銀行」と「住信SBIネット銀行」。

これら以外は使えません。

注意してほしいのは、これらの銀行ホームページから支払いをおこなえない点です。

「Amazon」から送られてくる「お支払い番号お知らせメール」記載のURLから手続きを進めて下さい

手数料は基本無料です。

クレジットカード払い

登録したクレジットカードを利用した支払い方法です。

最初に登録を済ませておけば、次回からはシンプル操作で決済をおこなえます。

手数料が無料な点もメリットですね。

利用可能なクレジットカードを確認しましょう。

  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JCB
  • 銀聯

デビットカードも利用可能です。(銀聯をのぞく)

電子マネー払い

「電子マネー」を利用した支払い方法です。

利用可能な電子マネーを確認しましょう。

  • 楽天Edy
  • Suica
  • iD
  • JCB PREMO

複数の電子マネーをコンビネーションさせた支払いは不可です。

また、ほかの支払い方法とのコンビネーションもできません。

手数料は不要です。

これらの支払い方法のうち、「電子マネー払い」をさらに掘り下げましょう。

Amazonで利用できる電子マネーは?すぐに使えるの?

さきほど紹介した「電子マネー払い」を項目ごとに説明します。

  • 楽天Edy
  • Suica
  • iD
  • JCB PREMO

楽天Edy

楽天Edyは楽天が用意するプリペイド型の電子マネーです。

全国のコンビニや提携飲食店で利用可能ですから、利便性の高さに定評をもちます。

自宅で利用するためには、非接触タイプのICカードリーダー・ライターPaSoRiを導入しなければなりません。

注文後にお支払い番号お知らせメールがとどきますから、そこに記載されているURLへすすみ、「パソリ利用でのお支払い」を選べばOKです。

なお、詳細は個別ページを参照にしてください。

Suica

SuicaはJR東日本が発行する交通系ICカード。

電子マネーの機能をもち利便性の高さに定評があります。

「Amazon」のお買い物に活用するためには、NFCポートソフトウェアのインストールが必要です。

「楽天Edy」と同様ですが、注文後にとどくお支払い番号お知らせメールにしたがって記載URLにすすみ、「Suicaインターネットサービス」を選べば決済できます。

利用方法の詳細は個別ページを参照してください。

iD

おサイフケータイを所有していることが条件となります。

まずiDアプリをダウンロードしましょう。

電子マネー決済共通ですが、お支払い番号お知らせメールにしたがって記載URLにすすみ、「iD」を選びましょう。

利用方法の詳細は個別ページを参照してください。

JCB PREMO

Amazonでのお買い物後(注文後)にお支払い番号お知らせメールがとどきますから、記載URLへすすんでください。

支払い方法として「JCB PREMO」を選びましょう。

専用フォームへカード番号(16ケタ)と認証番号(8ケタ)を正確に入力すればOKです。

Amazonで貯まるポイントについて。有効期限に要注意

Amazonポイントは1ポイント=1円換算で利用できます。

もちろん「Amazon内」での利用が原則です。

特徴はショッピング利用で必ず貯まるというものではない点。

ポイントがつかない商品も存在しますから注意してください。

支払い方法に関しては、どのような方法でもOKです。

クレジットカード・代引き・コンビニ払い・電子マネー・Amazonギフト券、いずれの方法でもポイント対象商品の購入ならば「Amazonポイント」がつきます。

効率よくポイント対象商品をみつけたいならば、「Amazonポイントキャンペーン特集」ページを利用しましょう。

「ポイント残高」や「開催中のAmazonポイントキャンペーン」などを確認できますよ。

「Amazonポイント」は、1回の注文に対しての利用上限は10万ポイントです。

ポイント利用数は限度内で調整可能ですから、利用状況に合わせて加減してください。

なお、「Amazonポイント」には有効期限が存在します。

「最後のお買い物日」または「最後のポイント獲得日」から起算して1年間となり、期限を過ぎると貯めていたポイントのすべてを失効します。

ただし、「Amazon」でのお買い物をすればポイント利用にかかわらず有効期限が1年間延長されますので、ふだんから「Amazon」を利用する機会の多い人はそれほど期限を意識しなくてもよいでしょう。

それから、「Amazonポイント」を利用するうえでいくつかの注意点が存在します。

くわしく説明しましょう。

ポイントは即時反映されるわけではない

ショッピングで発生するポイントをすぐ次のショッピングに利用することはできません。

基本的には1~2日程度かかります。

ポイントは現金に換金できない

「Amazonポイント」は「Amazon内」でのショッピングやサービス利用に限定されます。

現金への換金はあきらめましょう。

ポイントがつかないケースもある

まれではありますが、ポイント対象商品を購入したにもかかわらずポイントのつかないケースが報告されています。

それは、商品交換時などに発生する事象であり、設定期日を過ぎて交換商品をオーダーした場合が該当します。

仮ポイントは利用不可

「Amazonポイント」の種類を理解しましょう。

「確定ポイント」と「仮ポイント」の2種類があり、後者は商品の決済と発送が未完了の状態で付与されるポイントです。

「仮ポイント」を「確定ポイント」へ移行させるためには、決済と発送の完了が条件となります。

ここで注意してほしいのは決済完了について。

クレジットカード決済であれば、「Amazon」側の即時確認が可能ですので「確定ポイント」への移行スピードはスムーズでしょう。

いっぽう代引き決済の場合には、確認まで一定期間が必要となり、そのため「仮ポイント」から「確定ポイント」への移行へは2週間以上かかります。

別のポイントプログラムへ移行することはできない

Amazonポイントをクーポンなどに移行させることはできません。

このことについて、更に詳しく見てみましょう。

ポイントの利用不可商品がある

「Amazonポイント」は「Amazon」のショッピングやサービスに利用できます。

ただし、「Amazonギフト券」「Amazonコイン」「デジタルコンテンツ」への利用はできません。

ほかのアカウントへポイントを移せない

「Amazonポイント」を他人に譲ることはできません。

貯めたポイントは同一アカウント内でのみ利用ができることとなります。

他社ポイントとの互換性はない

さまざまな業者がポイント制を導入しています。

これらには互換性をもつポイントがあるいっぽう、交換のできないポイント制も存在しますね。

「Amazonポイント」は後者であり、他社との互換性が一切ありません。

Amazonポイントをお得に貯める方法とは?まずは対象商品を購入しよう

「Amazonポイント」を貯めるためには、対象商品の購入が必要です。

商品購入に際して、ポイント記載をしっかりと確認するようにしましょう。

また、キャンペーンへの参加により「Amazonポイント」の獲得が可能となります。

くわしく説明しましょう。

「Amazonチャージ」によるポイントゲット

チャージタイプの「Amazonギフト券」購入が条件です。

現金によるギフト券チャージをおこなうと、初回購入に対して1000ポイントプラスアルファを獲得できます。

獲得できるポイントはチャージ額により変動。

5000円以上のチャージで、初回に限り1000ポイントが確定します。

プラスアルファ部分の獲得ポイントを表組みしましょう。

1回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5000円~19999円 0.5% 1.0%
20000円~39999円 1.0% 1.5%
40000円~89999円 1.5% 2.0%
90000円以上 2.0% 2.5%

プライム会員が初めて10万円をチャージすれば「1000円+2500円分」のポイントをゲットできますから大きいですね……。

「はじめてポイントプレゼント」によるポイントゲット

さまざまなサービスの初回利用時に規定ポイントを獲得できます。

サービスと獲得ポイントを表組みしましょう。

Amazon Payによる初めてのショッピング 300ポイント
Amazonパントリーで初めてのショッピング 400ポイント
PCソフトストアで初めてのショッピング 100ポイント
ミュージックCD・アナログレコードストアで初めてのショッピング 100ポイント
産業・研究開発用品ストアで初めてのショッピング 100ポイント
おもちゃストアで初めてのショッピング 300ポイント

「まとめ買いでポイント還元」によるポイントゲット

「Amazon」が販売する本のまとめ買いで最大10%のポイント還元キャンペーンです。

こちらもサービスと獲得ポイントを表組みしましょう。

通常会員 プライム会員

マスターカードクラシック利用

プライム会員

マスターカードゴールド利用

2冊購入 1% 4% 4.5%
3冊~9冊購入 5% 8% 8.5%
10冊以上購入 7% 10% 10.5%

さらに「Amazon」でお得を追求するならば上記「まとめ買いでポイント還元」でも触れましたが、「Amazon Mastercard」の利用は必須でしょう。

電子マネー利用がもっとお得になるおすすめの使い方

いちばんお得となるのは、「Amazonギフト券」へ電子マネー利用でチャージする方法です。

すこし複雑に感じるかもしれませんが、仕組みを理解すれば簡単におこなえますよ。

まず、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」をオンライン購入してください。

ここで、ギフト券を購入する支払い方法として電子マネー払いを選択しましょう。

ゲットできる「Amazonポイント」は前述の「Amazonチャージによるポイントゲット」に準じます。

プライム会員であれば、さらに大きくポイントを獲得できますから大変お得ですよ。

Amazonでのお買い物がよりお得になるおすすめのクレジットカード3選

ここでは、Amazonで利用するのにおすすめのクレジットカード3つをご紹介します。

  • Amazonカード
  • 楽天カード
  • ビックカメラSuicaカード

Amazonカード

「Amazon Mastercard」と「Amazon Mastercardゴールド」があり、それぞれ年会費が1350円(初年度無料、年一回利用で次年度も無料)と10800円です。

「Amazon」での買い物に対して還元率が高く、利便性に優れたカードとなるでしょう。

楽天カード

「Mastercard」「VISA」「JCB」と提携しており、それぞれを選択できます。

年会費は永年無料ですからお得ですね。

「楽天Edy」との連携に便利です。

ビックカメラSuicaカード

「VISA」「JCB」と提携しています。

初年度無料、次年度も年一回の利用で無料です。

「Amazon」への支払いで「Suica」を利用するならば利便性の高いカードとなります。

まとめ:よく利用する人ほどお得に使える!まずは電子マネー払いを選ぼう

おすすめできる人を列記しましょう。

  • 「Amazon」への支払いに手数料をかけたくない
  • なるべくお得に「Amazon」を利用したい
  • クレジットカードとの連携を考えたい
  • 「Amazonギフト券」を最大限に活用したい

これらを考えているならば、「電子マネー払い」を選んで、「Amazonショッピング」に100%のお得活用を実現させてください。