2019年アメブロのアフィリエイトが劇的改善!それでも使いづらい理由とは?

アメブロはアフィリエイトに使いにくい?

アメブロ(アメーバブログ)は、株式会社サイバーエージェントが運営する無料ブログです。

日本一のユーザー数を誇り、芸能人の公式ブログでもよく使われている無料ブログの代表的な存在です。

アメブロはアフィリエイトをすることもできますが、アフィリエイトに詳しい人たちからの評判はあまりよくありません。

そこで、このページではアメブロを利用してアフィリエイトをすることがなぜ、おすすめでないのか解説します。

ついにアメブロが商用利用を解禁に

アメブロが商用利用解禁に

2018年12月ビッグニュースが届きました。

アメブロが商用利用を解禁したのです。

(参考)https://ameblo.jp/staff/entry-12427450584.html

これまでアフィリエイト以外にもビジネスとしてアメブロを利用するのは禁止されていました。

例えば投稿した記事の中でサービスや商品の販売をすると、アカウントが凍結されるようなことがありました。

アフィリエイトに関してもアメブロが許可する一部のASPのみが利用できるという状況でした。

その結果アフィリエイターの間では「アメブロはアフィリエイトには使えない」という声が大きかったのです。

もともと利用者数や、集客力に定評のあるアメブロがアフィリエイトを解禁したというのは画期的なことだと言えます。

アメブロ公式:https://blogger.ameba.jp/

本当にアメブロはアフィリエイトしやすくなったのか?未だ残る障壁

アメブロがASPによるアフィリエイトを解禁したのは喜ばしいことですが、解禁になったこととアメブロがアフィリエイトに使いやすいかということは別問題です。

アメブロにはまだまだアフィリエイト用ブログとして使いにくい点があります。主なポイントは次の5つです。

  1. アメブロ自体が提供する広告表示が多い
  2. 広告を外すための有料プランが高額
  3. ブログ記事のエクスポート機能が無い
  4. Google AdSenseなど一部ASPは未だ利用不可
  5. 規約違反による凍結はまだまだ注意が必要

アメブロ自体が提供する広告表示が多い
アメブロは広告が多い

アメブロを無料で利用していると、多くの広告が表示されます。

これらはアメブロ自体が表示させているもので、標準設定になっています。

こうした広告は自分で掲載するアフィリエイト広告と競合するので、稼ぎに大きく影響します。

また、広告がストレスになって、せっかく訪れた訪問者が他のサイトに移ってしまうリスクも高く、購入まで導くのは容易ではありません。

アメブロの有料プランが高額

アメブロに表示される広告を外すためには「Amebaプレミアム」の「広告をはずすコース」に申し込むことが必要です。

このコースの料金は2019年1月現在で月額1008円(税込)と、やや高めです。

WordPressを運営するためにレンタルサーバーを借りると、安いところなら月額300円程度から利用可能であることを考えると、他のメリットを考慮しても割高感は否めないでしょう。

ブログ記事のエクスポート機能が無い

アメブロはブログのエクスポートが面倒くさい

アフィリエイトが軌道に乗ると、無料ブログからWordPressへの引っ越しを考える人が多いです。

その際、書いた記事をWordPressに移転するためのエクスポート機能がアメブロには用意されていません。

エクスポート機能がないと、1記事ずつコピペで移転するしかありませんので大変です。

Google AdSenseなど一部ASPは未だ利用不可

アメブロの商用利用解禁にあたって、利用できるASPが公式に発表になりました。

(参考)https://helps.ameba.jp/faq/post_1305.html

大手、中堅ASPがほぼ全て利用できることになります。

ただし、公式発表時点ではいくつか主要なASPが漏れていることに気づきます。

  1. Google AdSense
  2. AccessTrade
  3. afb

特にGoogle AdSenseが利用できないのは痛手です。

貼っているだけで収益化できるわけですから、それが使えないのはマイナスポイントといえます。

今後そのあたりが追加されていくのか、見守りたいですね。

規約違反による凍結はまだまだ注意が必要

規約違反で削除には注意

アメブロは以前、商業利用していたブログがある日突然、大量に削除される事件が起きたことがあります。

それも警告なしでいきなり削除です。

また、自分では規約を守って運営しているつもりでも、運営から違反していると言われたら削除の対象になります。

商用利用が解禁されたことで、度を超した利用の仕方をする人も出てくるでしょう。

そうなればパトロールが厳しくなり、その結果規約に触れているブログが凍結という可能性もなくはありません。

アフィリエイトができるようになったからといって、楽観的になるのはまだ早いでしょう。

アクセスは集めやすい。集客力を最大限に活かす使い方を

アメブロはアクセスが集めやすい

アメブロのメリットは、検索エンジン以外のルートでアクセスを集めるための仕組みがあるということです。

レンタルサーバーを借りてWordPressで運営する場合、記事を書いても最初のうちは検索エンジンから人を集めるしかありませんので、訪問者が少ない時期が続きます。

しかし、アメブロは「読者登録」という機能を活用することで他のユーザーと交流できるので、マメに行えばお返しのアクセスが期待できます。

アメブロはアフィリエイトをするうえではデメリットもありますが、ユーザー数は無料ブログでNo.1なので、使い方次第ではアクセスを集めることは可能です。

従ってメインのアフィリエイトサイトにアクセスを誘導するためのサブサイト、サテライトサイトとして使う価値はあるといえます。

削除だけは避けたい!削除されているのはどんなブログ?

商業利用をしていたアメブロが警告なしで大量に削除された件について先述しましたが、アメブロを運営するサイバーエージェントは規約違反をするブログに対しては、厳しい姿勢で臨んでいます。

「クビになっても月に100万円稼ぐ方法」のような誇大広告とも言えるタイトルの記事を書いたり、自社セミナーの告知をしていたりすると運営の目にとまるようです。

商用利用が解禁されたとはいえ、ユーザーを騙すようなサイトは許容されないでしょう。

またアダルト系や他人の誹謗中傷、薬物などに関連する言葉を記事で使用すると削除対象になりやすいです。

まとめ:商用利用解禁でも、アメブロは使いやすいとは言えない

アメブロの商用利用解禁により、2019年以降はアフィリエイトもやりやすくなるでしょう。

テーマによってはアメブロで運営することが向いている場合もあるでしょうし、他人との交流が得意ならアクセスを集め、それをお金に変えることもできるかもしれません。

ただしまだまだブログとしては使いにくい部分もあるので注意は必要です。

今からブログでアフィリエイトをしたいという方は敢えてアメブロを選ぶ理由はないでしょう。