アフィリエイトを無料ブログでやるならどこがいい?使い勝手やメリットから考えてみた

無料ブログとアフィリエイトサイト

「アフィリエイトサイトは作ったことはないけど、無料ブログなら使えるかも…」

初心者の方にとって、サイトづくりは大きな難関です

できることなら開設から投稿までが簡単にできる無料のブログサービスを活用したいですよね。

 

しかし無料ブログサービスによっては、アフィリエイト運用する上でいくつかデメリットがあります。

「どこでもいいから使ってみよう」と何も知らずに始めてしまうと、使い勝手が悪かったり、アフィリエイトに向いていなかったりということがあります。

アフィリエイトを始める前に、ある程度無料ブログサービスの特徴を知り、どのサービスを利用するか検討する必要があります。

 

ここでは、利用者の多い無料ブログサービスを徹底比較、メリットや使い勝手を解説していきます。

 

アフィリエイトができる主要な人気無料ブログ一覧とその特徴

使いやすさ アフィリ
エイト
HTML
編集
WordPress
への移行
アダルト
利用
はてなブログ × ×
アメーバブログ ×
FC2ブログ
ライブドアブログ
Seesaaブログ ×
blogger ×

 

一口に「無料ブログサービス」と言っても、そのすべてでアフィリエイトができるわけではありません

サービスによっては広告の制約があったり、サービス自体に人気がなくアクセスが見込めなかったりします。

今回はアフィリエイト可能なブログサービスを絞って、それぞれを比較していきましょう。

 

サービス名 特徴
はてなブログ ・ドメインが強く上位表示可能、独自ドメインもOK
・SNSからの流入も多い
アメーバブログ ・利用者が多く、集客力に長けている
・芸能人が公式ブログや女性利用者が多い
FC2ブログ ・アダルト系コンテンツもOK。
・テンプレートが多く、拡張性が高い
ライブドアブログ ・アフィリエイト広告のルールが緩い
・人気が安定していて操作性も良い
Seesaaブログ 機能性・カスタム性共に高い
blogger ・Googleが提供しているブログサービス
・広告が自由に貼れる
・カスタム性が高く、容量などが無制限に使える

 

今回はこれら6種類のブログサービスを中心に解説していきます。

それぞれの特徴は上記の通りで、特に人気が高いのが「はてなブログ」と「ライブドアブログ」です。

どちらも知名度の高いサービスかつカスタム性に富んでいて、アフィリエイトブロガーの利用者もとても多いことが特徴です。

アメブロは利用者が多くアクセスアップに役立ちますが、アフィリエイトブログとしては意外に使いにくい面もあります。

 

アフィリエイトOKのブログでも、使いにくい部分はけっこうある

続いて、それぞれのサービスのデメリットを見ていきましょう

サービス名 デメリット
はてなブログ ・自分のレビューのない広告のみの掲載は規約違反
・アフィリエイト広告が嫌われる傾向にある
・失敗するとはてなブックマークで炎上しやすい
アメーバブログ ・アダルト利用不可
・一部のASPが利用できない
・広告を外すための有料プランが高額
FC2ブログ ・Google AdSense広告は原則禁止
・1ヶ月更新しないと強制的に広告表示される
ライブドアブログ ・スマホのオーバーレイ広告が消せない
Seesaaブログ ・スマホのオーバーレイ広告が消せない
・環境によっては表示が遅い
blogger ・日本人の利用者が少ないため集客が難しい
・海外向けサービスのため、知識がないとカスタマイズが困難

 

このように、どの無料ブログサービスでも何かしらのデメリットがあることがわかります。

特にFC2ブログのように「Google AdSense広告禁止」ルールのあるブログサービスは辛いですね。

また現在はスマホからのブログ閲覧が8割以上を占めますが、スマホのオーバーレイ広告(スクロールしてもついてくるバナー広告)は本当に鬱陶しがられます。

あの広告が目に入った瞬間離脱する利用者も少なくありません。

ライブドアブログではその広告が消せない仕様になっており、いわゆる「掲示板まとめサイト」としての利用者が圧倒的に多くなっています。

 

結局どれがいい?|不安要素はあるがはてなブログがベスト

はてなブログがベスト

それでは結局どのサービスを利用すべきか、オススメは「はてなブログ」です

はてなブログのメリットを詳しく挙げていくと、次のようになります。

  • 初心者でもわかりやすい管理画面
  • 有料版なら運営側の広告を完全に削除できる
  • シンプルなデザインでユーザーの可読性が高い
  • はてなブックマークからのアクセスが見込める

 

何よりも「アフィリエイト初心者でも利用しやすい」ことがオススメできるポイントです。

はてなブックマークというコミュニティもあるため、他のサービスに比べて集客も見込めます。

またアダルト系を除き、レビューさえきちんと行えば商標のアフィリエイト広告も自由に貼れるため、はてなブログで稼いでいるアフィリエイターは少なくありません。

一方で、はてなブログにも不便な部分はいくつかあります。

  • 有料(はてなPRO)プランにしないと広告が出て、単語に下線が引かれる
  • はてなユーザーはアフィリエイトを嫌う傾向が強い
  • 尖りすぎた記事を書くと、はてなブックマークで炎上する可能性あり

 

本格的にはてなブログでアフィリエイトをするなら、まず有料プランに入る必要があるでしょう。

ただ、はてなブックマークからのアクセスは見込めても、アフィリエイトの利益には繋がらない可能性が高いです。

有料プランがオススメ

基本的にはてなユーザーはアフィリエイト広告を嫌う傾向にあります。

記事タイトルに「広告」「PR」を入れるかどうかで議論が白熱し、大炎上したこともあるほどです。

また昨今のはてなブックマーク界隈の空気は非常に緊迫しており、常に炎上の種を探しているような状態です。

あまりにユーザーを煽るようなことを書けば、瞬く間に炎上し、最悪の場合ブログ閉鎖に追い込まれるようなことになるでしょう

 

とはいえ、商品のレビューや雑記ログとしての利用者が大半を占めるので、過度な心配は必要ありません。

このようなリスクがあることを踏まえたうえでも、他の無料ブログサービスよりはてなブログをオススメできます。

 

 

無料ブログのメリットとデメリット:手軽さを取るか、長期安定を取るか

ところで、「アフィリエイトをする上で無料ブログサービスを利用すべきか?」という問題もあります。

初心者だからこそ無料ブログサービスを利用すべき、という意見もありますが、一方で、本気でアフィリエイトに取り組むなら、無料ブログを使うべきではないという意見もあります。

 

無料ブログのメリット 無料ブログのデメリット
  完全無料で可能 自分のものにはならない
始めるまでの手続き簡単 アカウント停止の恐れあり
アクセスが集めやすい ブログ会社が倒産するとサービス終了
上位表示するまでが早い 機能・デザインなど凝れない

 

無料ブログサービスを利用するメリット

やはり「無料」で始められることが最も大きなメリットと言えます

またブログサービスによってはコミュニティがあるので、お互いのブログに訪問したりすることでアクセスも集めやすくなります。

またはてなブログを筆頭にドメインが強いため、検索エンジンなどでも上位表示されやすくなっています。

つまり、初心者でも簡単にアクセスを集められ、かつ検索エンジンからの流入も見込みやすいことが利点と言えます。

 

無料ブログサービスを利用するデメリット

無料ブログのデメリット

一方で無料ブログサービスの利用における最大のデメリットは、「そのブログが自分のものにはならない」ということ。

どれだけ長く運営を続けても、サービス提供元のブログサービスであることは変わりません。

また広告に関する規約の厳しいサービスでは、違反するとすぐにアカウントが停止されてしまいます。

そうなれば収益どころではなくなります。

さらにある日突然、ブログサービスが停止される可能性もゼロではありません。

また一般のサイトに比べ、デザインや機能など拡張性に限界があることもデメリットのひとつと言えます。

 

このように、無料ブログサービスには「手軽さ」というメリットと、「長期運用には向かない」というデメリットがあります。

 

長期運用を考えれば、WordPressでやるのがベスト

WordPressでやるのがベスト

これから新規でアフィリエイトをはじめるのであれば、なるべく「WordPress」というサービスを利用してください。

WordPressとは、HTMLやCSSのことがわからない人でも簡単にサイトを作れるよう、提供されているCMSサービスです。(CMS:コンテンツ管理システム)

 

基本的には無料ブログサービスと同じような管理画面で、記事や画像を揃えて投稿するだけでサイトを更新することができます。

無料ブログのようにある日突然削除されるリスクはありません

多くのアフィリエイトサイトで利用されているサービスで、使い方に慣れてくれば、ある程度自由にデザインや機能を拡張することも可能です。

 

ドメイン取得、レンタルサーバー、テーマ利用料が必要…最初のハードルを乗り切ろう

WordPressでウェブサイトを運用するためには、以下の2つが必要になります。

 

  • ドメイン:.com、.net、.jpなどを取得。年額1,000円から3,000円程度
  • レンタルサーバー:ロリポップエックスサーバーなどで借りる。月額300円から1,000円程度

 

ドメインについてはこちらで詳しく解説しています。

このように、WordPressでアフィリエイトサイトをはじめるにはある程度の初期費用が必要です。

ドメインとサーバーを紐づけたり、WordPressの初期設定が煩雑であったりすることなど、初心者にとってはハードルが高いと感じることが多いでしょう

 

ただこれらは電話サポートのあるサーバー会社を活用すれば、詳しくサポートしてくれるので初心者でも安心です。

また最初にかかったコストは、アフィリエイトサイト運営を続けることで簡単にペイできます。

中期間~長期間以上アフィリエイトサイトを続けていくのであれば、圧倒的にWordPressのほうが大きな収益を見込めるでしょう。

 

WordPressテーマは無料と有料のものがある

WordPressテーマは無料と有料がある

WordPressはデザインや機能を装備した「テーマ」と呼ばれるものがたくさんあります。

テーマは海外製のものもありますが、日本で開発されたものが便利です。

また無料で多くのテーマが提供されていますが、アフィリエイトサイト運営に便利なWordPressテーマは有料のものが多いです。

まずは無料のテーマに慣れて、サイトのオリジナリティやデザイン性を上げたいと思ったときに有料テーマの購入を検討してみてください。

 

まとめ:アフィリエイトしたいテーマが決まっているならWordPressで始めよう

これからアフィリエイトサイトを作っていこうと考えている方の中で、ジャンルやテーマが決まっているのであれば、WordPressの利用をオススメします。

最初のハードルさえ超えてしまえば、無料ブログを利用するより圧倒的に長く使えて、自分のサイトとしてブランドを確立することもできるためです。

アフィリエイトサイトで稼ぐことを目標にしているなら、まずはWordPressの導入を検討してください。

ただ、どうしてもWordPressの勝手がわからなかったり、ジャンルやテーマが決まっていなかったりするのであれば、無料ブログで実験的に始めてみるのもひとつの手段です。

アフィリエイトの仕組みや、どのような記事を書けばアクセスが集まるのかなど、よい練習にもなるでしょう。