【中古本で稼ぐ】本のせどりの始め方。着実に利益をだすためのコツを紹介

本のせどりの始め方

今は「せどり」というと本だけでなく家電品やゲーム、おもちゃなど幅広く対象とされていますが、その原点は本です。

家電品やゲーム機などは大きいので取り扱いも面倒ですが、本なら小さいので場所もそれほど取りません。

そのため、せどりに興味があるなら本のせどりから始めるのが無難と言えるでしょう。

ここでは本のせどりの始め方について詳しく解説します。

少ない予算で気軽に始められるので、興味をもったらぜひ軽い気持ちで取り組んでみてください。

本のせどりとは? 本の価格差をもとにしたビジネス

本の価格差をもとにしたビジネス

本のせどりとは、中古書店などで安く売られている本や雑誌を仕入れ、Amazonやヤフオクなどを通じて仕入れ値よりも高い値段で売って利益を得る商売です。

せどりをする人を「せどらー」と呼びます。

中古書店の値付けはそれほど厳密でないことも多く、店頭でたたき売りされているような本が、実はネットだと1万円で売れるなどということもあります。

ここまで価格差が大きい本はまれですが、1冊あたり数百円くらいの利幅がある本なら決して珍しくありません。

そのため、コツコツ積み重ねればそれなりの利益を得ることができます。

店頭の価格がネットの価格よりも安いことが多いのがブックオフで、以前はブックオフに行くと、せどりの仕入れをしていると思われる人をよく見かけました。

しかし、最近はツールを使用した仕入れが禁止されている店が増えたため、その姿を見かけなくなっています。

ただし、ツールを使わないで仕入れる分には問題ありませんので、今でもブックオフで仕入れをすることが不可能になったわけではありません。

また、せどりの対象は本だけではありませんので、本で慣れたら家電品やゲームなどにも目を向けてみましょう。

そうすれば利益を伸ばせるはずです。

気になる収入。本のせどりはどれくらい稼げる?

本のせどりはどれくらい稼げる?

本のせどりは基本的に薄利多売で利益を出すものと考えましょう。

1000円前後の本が1冊売れて数百円の利益というのが1つの目安です。

中には1000円で仕入れた本が5000円、1万円という高値で売れることもありますが、そうした価格差の大きい本はそう簡単には見つかりません。

そのため、本のせどりはコツコツ積み上げられる性格の人が向いています。

利益を伸ばしたいならゲーム機や家電品、ブランド品などに手を広げたほうが良いでしょう。

本のせどりのメリット

本のせどりにはいろいろなメリットがあります。ここでは本のせどりのメリットを3つ、挙げておきます。

  1. 少額で始められて、ビジネス経験がなくても可能
  2. 商品の保存・保管が楽
  3. 自分が読みたいものも読める

少額で始められて、ビジネス経験がなくても可能

少額で始められて、ビジネス経験がなくても可能

本のせどりのメリットは、少額な資金でも始められる点が一番大きいと言って良いでしょう。

ブックオフに行って100円で売られている本だけを対象にすればたくさん仕入れることができるので、ビジネスを始めた気分に浸ることができるのではないでしょうか。

もちろん儲けは小さいですが作業の流れは同じなので、慣れるまでは100円の本だけで取り組んでも良いくらいです。

商品の保存・保管が楽

せどりは本だけでなく家電品やゲーム機なども対象とすることができますが、本と比べたら場所を取ることは間違いありません。

AmazonFBA(後述します)を利用するにしても、Amazonの倉庫に送るまでは保管場所が必要です。

本ならサイズが小さいので保管スペースも最小限で済みます。

自分が読みたいものも読める

自分が読みたいものも読める

本の場合、たまたま自分が読みたかった本を仕入れることができたのであれば、自分で楽しんでから売りに出すことができるので一石二鳥です。

こうしたことはあまりないでしょうが、あったらラッキーです。

ただし、自分が好きな本=高値で売れる本ではありません。

売れもしないのに好きだからという理由で買うくらいなら、好きでない本を高値で売って儲け、その利益で自分の好きな本を買いましょう。

本のせどりのデメリット

言うまでもなく、本のせどりにもデメリットはあります。

始める前に、デメリットについてはよく理解しておきましょう。

  1. 簡単であるがゆえライバルも多い
  2. 1冊あたりの利幅が小さい
  3. たくさん売れると発送業務が煩雑に
  4. 値下がりすることもある

簡単であるがゆえライバルも多い

簡単であるがゆえライバルも多い

本のせどりは仕組みが簡単なのがメリットですが、同時にそれがデメリットにもなります。

参入するのが簡単だとライバルが増えやすいからです。

ライバルが増えれば利幅の大きい本を仕入れることが難しくなり、稼ぐことがより困難になります。

ただこれは何でも同じなので、やり方を工夫して勝負するしかありません。

1冊あたりの利幅が小さい

本のせどりは1冊あたりの利幅が小さいです。

先述したとおり、1000円の本が1冊売れて数百円の利益が出れば十分でしょう。

そのため、まとまった金額を稼ごうと思ったらどうしても数をこなすことが必要になります。

たくさん売れると発送業務も煩雑に

発送業務も煩雑に

稼ぐためには数を売ることが必要ですが、売れれば発送業務も煩雑になります。

AmazonFBAを利用すれば煩雑な作業を丸投げできるのでラクですが、その分、手数料がかかるので利益は少なくなります。

FBAを利用するかどうかは実際に利用してみて判断するのが良いでしょう。

また、たくさんの本が売れれば作業が煩雑になるだけでなく、発送ミスも生じやすくなるので注意してください。

値下がりすることもある

言うまでもなく、仕入れた本が必ず期待した価格で売れるわけではありません。

そのため、価格差の大きい本を仕入れることができてそれなりの利益を見込んでいたとしても、ライバルが現れて値下げせざるを得なくなる可能性があります。

 

仕入れと売り先。基本は店舗で仕入れてAmazonで売る

基本は店舗で仕入れてAmazonで売る

せどりは中古書店で仕入れてネットで売る店舗せどりと、ネットで仕入れてネットで売る電脳せどりの2種類にわけられます。

本のせどりは中古書店で仕入れる店舗せどりのほうがライバルが少ないので、せどり初心者なら店舗せどりから始めるのがおすすめです。

売るところはAmazonが最もポピュラーです。

ただし、もちろんヤフオクやメルカリでも売れるので、自分に合っているところを見つけましょう。

AmazonFBAを利用してせどりをするメリット・デメリット

仕入れた本をAmazonで売る場合、「AmazonFBA」というサービスを利用することができます。

AmazonFBAとはフルフィルメントby Amazonの略で、商品の保管、注文の処理、配送、返品対応などの一連の作業を代行してくれるサービスです。

Amazonで売りたい品物をAmazonの倉庫に送るだけで良いのでとてもラクですし、浮いた時間を仕入れにあてることができるのでメリットは大きいです。

ただし、もちろん手数料を支払う必要があります。強いて言えばこれがデメリットです。

FBAを利用するために支払う手数料は配送代行手数料と保管手数料の2つがあります。

保管手数料は通常の手数料と、1年を超えて保管しているものが対象となる長期在庫保管手数料の2つがあります。

売れない在庫をたくさん抱えると、これが負担としてのしかかります。

稼ぐ人は実践している。本のせどりで稼ぐ4つのコツ

何でもそうですが、稼ぐにはコツがあります。

ここでは本のせどりで稼ぐうえで役立つコツを4つ、紹介します。

  1. 仕入れるタイミングを見計らう
  2. クリーニングして、少しでも本の状態をよくする
  3. 自分の得意ジャンルを作る
  4. 稼げるようになれば、新品雑誌も取り扱う

仕入れるタイミングを見計らう

仕入れるタイミングを見計らう

たとえば小説やマンガがドラマ化・映画化されるときは、原作の本の価格が上がることが予想されます。

そのため、ドラマ化や映画化の情報を知ったら、その原作が売られていないかどうかを仕入れのときに意識してみましょう。

また、定期的にワゴンセールをする中古書店があるならそうした時期を覚えておいて、マメに通って掘り出し物を見つけることが大事です。

クリーニングして、少しでも本の状態をよくする

少しでも本の状態をよくする

せどりで売る本は中古品なので、少しでも状態を良くしてから売りましょう。

本の表紙は弱アルカリ性の洗剤を薄めた液体でこすると汚れがよく落ちます。

また、値札が貼られている場合はきれいに剥がしたほうが良いので、シール剥がしやジッポオイルなどを利用して、できるだけきれいに剥がしましょう。

自分の得意ジャンルを作る

仕入れの対象とする本のジャンルは何でもOKとするのではなく、特化したほうが効率も良くなります。

最初はジャンルを絞って取り組み、そのジャンルを得意ジャンルにすることができたら次のジャンルに手をつけるようなやり方でも良いかもしれません。

稼げるようになれば、新品雑誌も取り扱う

せどりは中古品を扱うのが基本ですが、雑誌の場合は新品を出品するやり方もあります。

新品の雑誌を出品する場合、Amazonに在庫がなくある程度の人気があるもの(ランキング100位以内)を定価より高い値段で出品します。

新品の雑誌は回転が早いので、定価よりも高くても売れることが多いのです。

ちょっと特殊なやり方なので、普通のせどりに慣れてから取り組んでみましょう。

稼ぎの分かれ目。せどりツールを導入する

バーコードリーダー

せどらー人口は多いので、せどらーを対象にして開発された便利ツールがたくさんあります。

ここでは代表的なツールを3つ、紹介します。

  1. バーコードリーダー
  2. モノレート
  3. Amazon出品管理ツール

バーコードリーダー

本のバーコードから情報を読み取ってくれるのがバーコードリーダーで、せどり用に開発されたバーコードリーダーを使ってせどりをすることを「ビームせどり」と言います。

バーコードリーダーは専用機とスマホアプリがあり、専用機の相場は1~3万円程度です。

アプリなら無料で使えるものもあります。

専用機の例としては「MS910ワイヤレスCCDスキャナ」、「ポケットタイプ MS910-CUBB00-SG」などがあります。

また、アプリの例としては「せどろいど」(Android版)、「せどりすと」(iPhone版)があります。

なお先述しましたが、ビームせどりは認められていない店があるので注意しましょう。

モノレート

モノレート

https://mnrate.com/

モノレートはAmazonで販売されている商品の情報を得るためのツールで、無料で使うことができます。

2014年11月以前は「アマショウ」という名前でした。

モノレートを使うと商品のランキングや価格の変化、出品者の数などを知ることができます。

せどりをするうえでは必須のツールとして知られています。

モノレートは仕入れを行うにあたってどのくらいの利益が出るのか、売れる確率はどのくらいなのかといった情報を効率よく知ることができるのでとても便利です。

Amazon出品管理ツール

仕入れた商品をAmazonで販売する場合、その情報を管理するために役立つツールがあります。

「プライスター」や「マカド!」がその例です。

マカド!

「マカド!」

https://makad.pw/

こうしたツールを使うとAmazonへの出品が簡単になったり、価格が自動で変更できたりするので出品の作業にかかる手間が少なくなります。

いずれも月額料金は4800円ですが、最初の30日間は無料で利用できます。

プライスターについては2年以上の利用があると月額料金が3900円に下がります。

まとめ:本のせどりは低リスクで始めやすいのがメリット

せどりはリスクが小さく始めやすいのがメリットですが、同時にそれがデメリットにもなるのは先述したとおりです。

しかし、世の中にはうまいやり方を考えてひっそりと稼いでいる人はたくさんいます。

そのため、取り組んでもみないうちから「稼げない」と決めつけて何もしないのは機会損失です。

もし、こうしたビジネスに本腰を入れて取り組んだ経験が1度もないのなら、この機会に取り組んでみてはいかがでしょうか。

世の中、簡単に稼げる仕事はありません。

本のせどりについてはネットに情報がたくさんあるので、興味があるならそれらを参考にして少しずつ始めてみましょう。