賞金稼ぎでお小遣いゲット!センスなしでも賞金で収入を得る方法

賞金稼ぎで収入を得る方法

ここでは賞金稼ぎで収入を得る方法を紹介します。

身近なものではデザインやイラスト、ネーミングなどが当選されると数万円といったものもあります。

特にスキルが求められるデザイン関係(キャラクターデザインやロゴなど)は応募者が減るため、当選する確率も高くなります。

しかし、安定的に収入を得る方法ではないため、生計を立てることには向いていません

賞金稼ぎの実態に迫ります。

海外では本業にする人も?賞金稼ぎの魅力とは

賞金稼ぎの魅力

一番の魅力は自分の興味ある分野にチャレンジできること

しかも100万円を超えるような当選金や懸賞金もありますから、チャレンジする価値はあるでしょう。

例えば、アメリカだと犯罪者を捕まえるためにバウンディングハンターという職業があるぐらいです。

犯人を1人捕まると数百万円の報酬が得られるということで、それをメインに暮らしている人もいます。

さすがに日本ではハンティングハンターで生計を立てるという人はいませんが、それでも度々殺人事件などで数百万円の懸賞金がかけられるということはありますね。

本業は別に持ち、一獲千金を狙いたいという意味では賞金稼ぎは魅力的です。

賞金稼ぎのデメリットは当選しなければ収入にならない点

賞金稼ぎのデメリット

賞金稼ぎは安定的に収入を得られるものではありません。

上記紹介した犯人逮捕につながる懸賞金は、犯人が滞在していたと思われる場所、関係性がないと自分が犯人を見つけるのはほぼ不可能に近いでしょう

またネーミングなどの身近なものは数百件を超える応募があります。

その中から1人しか選ばれないとなると確率もかなり低いです。

1通、2通の応募ではなく、数十件応募する人もいるくらいです。

渾身の1作品で勝負するというより、数打ちゃ当たる方式でチャレンジする人が大半です。

そういった意味では複数の賞金稼ぎに応募して、その内のどれか一つ当たればラッキーというぐらいの考えが一般的です。

スキル不要!誰でも応募できそうなコンクール例3選

誰でも応募できそうなコンクール

ここでは身近な賞金稼ぎとして、誰でも応募できそうなコンクール3つを紹介します。

  1. 川柳
  2. ネーミング
  3. 写真

川柳

川柳に関するコンテストで賞金を狙う方法があります。

その時々でお題がありますので、それに合わせた川柳を考えて応募します。

1人何点でも応募できるケースが多いです。

特に資格や年齢を問わないものが多いので、どんな立場の人でも気軽に応募できます。

当選するとQUOカードやギフトカード、数万円の賞金などを得られることがあります。

賞は1人だけでなく、最優秀賞、優秀賞、特別賞、佳作などいろいろあるので、チャンスは意外とあります。

ネーミング

ネーミングを募集するコンテストもあります。

新製品のキャラクター、ゆるキャラの名前などを考えます。

例えば、おやつカンパニーが販売した商品のキャラクターの名前を決めるという募集で、採用された方に100万円相当の新キャラクター純金メダルがプレゼントされた例も。

プレゼントではなく、単純に賞金10万円などの現金が送られるケースもあります

ネーミングなら誰でも考えられますし、ひょっとしたら採用される可能性もありますね。

写真

写真コンテスト 母子の写真

写真コンテストは画質や鮮明度を最重視するわけではなく、そのシチュエーションが採用の判断材料になるものが多いです。

特別なカメラでなく、自分のスマホで撮影したものが採用されるケースも。

例えば、「笑顔」というお題なら身近な人の笑顔を撮影して、それが採用されるケースもあります。

写真家が参加するというより、一般人を対象とした写真コンテストが多いので、興味本位で試してみても良いかもしれませんね。

クラウドソーシングで毎日が賞金稼ぎ?

クラウドワークス

コンテストや賞金稼ぎのサイトは、ちょうど応募を締め切っていることもあります。

常にチャレンジしたいということでしたら、ランサーズやクラウドワークスのようなクラウドソーシング系のサイトがお勧めです。

  • ランサーズ

https://www.lancers.jp/

  • クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

在宅の仕事で、お店の名前や商品名を募集する案件が多数存在します。

相場は1万円から5万円程度です。

あなたの意見が採用されるチャンスもあります。

ただ、誰でも参加できる内容ほど応募が多く、500件以上集まることもあります。

そうなると、当選確率もかなり低いです。

「ダメもとでちょっとチャレンジしてみたい」という人にはお勧めです。

デザインを得意としている方ならロゴ募集に応募してみてはいかがでしょう。

普通のネーミング募集よりも応募数が少なく、採用される可能性があります。

賞金稼ぎの応募先が見つかるサイト3選

ジャンルを問わずいろいろチャレンジしたいという方にオススメのサイトを紹介します。

  1. 登竜門
  2. コンペナビ
  3. 懸賞生活

登竜門

https://compe.japandesign.ne.jp/

登竜門

こちらは川柳、俳句、短歌、写真、イラスト、ロゴなど様々な募集を行っているコンテストサイトです。

企業が実施しているコンテストばかりなので、賞金も高く、中には50万円を超えることも。

過去にはANA、JR西日本といった大手企業も参加した実績があります。

 

コンペナビ

http://compe.sterfield.jp/

コンペナビ

こちらも数多くのコンテストを実施しているサイトですが、どちらかというとデザイン寄りのコンペサイトです。

ロゴ、スタンプ、イラスト、ポスター、キャラクターなど募集が多いです。

誰でも応募できるというわけではありませんが、デザインやイラストに自信がある方はお勧め。

もし採用されれば、「◯◯会社のイラストをデザインしたのは私です」と周りに自慢したり、転職の際の強みにもなりますね。

 

懸賞生活

https://www.knshow.com/

懸賞生活

こちらは誰でも利用できる懸賞サイトです。

実力というより運の要素で当選が決まります。

「いろいろ考えたり、デザインするのはめんどくさい」という方なら、こちらのサイトで片っ端から応募してみてはいかがでしょう。

当選者は現金ではなく、商品やサービスのプレゼントが多くなっています。

当選のコツ:センスを磨くよりも応募数で勝負!

色々なサイトをチェックするとわかりますが、「1人何通でも応募できる」というものばかりです。

丹精を込めた1作品より、複数の作品を応募した方が良いです。

やはり採用者も感性が様々ですから、自分が良いと思っているもの以外が採用されるケースもあります。

「複数応募したら採用される可能性が減るのでは」と心配している人もいますが、そんなことはありません

採用側は1作品1作品見て、良いと思ったものを選んでいるだけです。

まとめ:遊び感覚でいいお小遣い稼ぎになるかも

様々な賞金稼ぎを紹介してきましたが、真面目に取り組むというよりちょっと遊び感覚ぐらいのほうが良いでしょう。

そのほうが長続きしますし、いずれ採用される可能性も出てくるはずです。

とはいえデザインなどはいい加減なものではなく、ある程度凝ったものを提出した方が採用される可能性が高まります。

それにデザイン関連なら採用されると自信がつきますので、そういった方向での就職や仕事を考えている方にはおすすめです。