【1時間以内】お金をどこからも借りれない状況で使える6つの方法+α

お金をどこからも借りれない状況で使える6つの方法

お金に困ってどこからか借りようと思い、いくつかあたってみてどこも断られたというような場合でも、探せば手段はあるものです。

切羽詰まった状況では冷静な思考力を欠いていることが多いので、きっとあなたがまだ思いついていない方法もあるでしょう。

このページではどこからも断られて困っている人のために、最短1時間以内でお金を借りられる方法や、お金を借りやすくするための工夫などについて解説します。

全て最短1時間以内。お金が借りれないと困ったときの対処法

お金が借りれないと困ったときの対処法

まず、目先のお金に困っている人のために、最短で1時間以内にお金を工面できる可能性のある方法を解説します。

  1. クレジットカード現金化なら金融機関の審査に落ちた人でも借りれる
  2. 金融機関以外なら、家族や友人を当たってみる
  3. 所持品の買い取り。急ぎならばメルカリよりも買い取り専門店へ
  4. 日払いバイトをする。ナイトワークなら求人も多く、高収入
  5. 質屋を利用する。近くに店舗がないならキャッシュアプリで即振込
  6. 意外な裏技?割り勘にして、自分がクレジットカードで支払う

1.クレジットカード現金化なら金融機関の審査に落ちた人でも借りれる

お金に困っている状況なら、多くの人が頭に浮かべるのは金融機関からの借入ではないでしょうか。

ですが、銀行や消費者金融の審査は厳しく、安定した収入がない、複数の金融機関から借入している、など不安要素があると落とされてしまいす。

クレジットカード現金化には審査がありません。

クレカ現金化は、クレジットカード持っていれば誰でも利用できます。

商品を購入すれば現金化専門業者が買い取り、現金が振り込まれるという仕組みで、ネットから申し込みができ、来店も不要。

クレカ現金化は借金ではありませんので聞き慣れないからと行ってむやみに不安がる必要はありませんよ。

2.金融機関以外なら、家族や友人を当たってみる

お金を借りるときは金融機関を利用するのが基本ですが、それでだめなら恥を捨てて家族や友人に頼んでみることも検討しましょう。

家族はともかく友人の場合、お金を貸してほしいと頼んだことがきっかけで関係が壊れる危険性がないとは言えません。

しかし、友人関係が壊れる前にあなた自身の生活が壊れてしまえば元も子もありません。

意外とすんなり通ることもあるので、頼めそうな人が思いつくならダメ元で頼んでみてください。

3.所持品の買い取り。急ぎならばメルカリよりも買い取り専門店へ

急ぎならばメルカリよりも買い取り専門店へ

あなたが持っているもので、売れそうなものはないでしょうか。

急いでいるならメルカリで売るよりも買い取り専門店に持っていくと換金が早く、高値で買い取ってもらえます。

また、メルカリでは意外なものでも売れます。

身近にある「こんなもの、まさか売れないよな」と思うようなものをメルカリで検索して調べ、実際に売られているようなら出品すれば、それもお金に変えられる可能性があります。

4.日払いバイトをする。ナイトワークなら求人も多く、高収入

アルバイトの中には日払いの可能な求人がたくさんあります。

目先のお金に困っている状況でも、日払いのアルバイトで工面するのは意外と見落としがちではないでしょうか。

ナイトワークが可能であれば時給も一般的な仕事より高いので、可能な範囲で検討してみてください。

5.質屋を利用する

売ればお金になりそうなものがあっても、どうしても売りたくないという場合もあるでしょう。

そのような場合は質屋を利用すればお金を借りることができます。

ただし、期限までにお金を返すことができなければ、預けたものは戻ってきません。

売りたくないから質屋を利用する場合、期限までにお金を工面しなくてはならないことに注意しましょう。

6.意外な裏技?割り勘にして、自分がクレジットカードで支払う

飲み会などで割り勘にする場合は全員が現金で支払うのが普通ですが、他の人の代金をあなたが受け取ってクレジットカードで会計をすれば、預かったお金を1カ月ほど借りる形になります。

たとえば4人で勘定が1万6000円(1人4000円)だとすると、他の3人から合計1万2000円を借りたことになるということです。

クレジットカードの支払いは1カ月くらい後になるので、その間だけお金を借りたのと同じです。

どれだけお金に困っても、やってはいけない方法

どれだけお金に困っても、やってはいけない方法

お金に困っている状況だと、手段を選んでいられないということもあるかもしれません。

しかし、中には手を出すべきではない方法もあります。

ここではその3つを解説します。

  1. 闇金・ソフト闇金はその場しのぎの値打ちもない。
  2. Twitterや掲示板の「お金貸します」は詐欺の可能性大
  3. 闇バイト・裏バイトは犯罪者として捕まるリスクも

1.闇金・ソフト闇金はその場しのぎの値打ちもない。

お金に困っていると、電柱などに貼られている「お金貸します」という広告が目にとまるかもしれません。

こうした広告はいわゆる闇金のものですが、闇金だけは絶対に手を出さないようにしましょう。

ヤミ金融業者は、ダイレクトメールや電話でやさしく勧誘してきますが、一旦借りる と法外な利息を請求し、脅迫的な取立てを行う悪質な無登録業者です。
勧誘を受けたり、借りてしまった場合でも警察署、交番、駐在所又は、警察安全相談へご相談ください。

引用元:石川県警「ヤミ金からは借りちゃダメ!」

闇金の金利は10日で1割という法外な高さです。

中には10日で3割、5割という業者もあります。

貸金業者として登録している正規の業者なら、どんなに高くても年20%の金利が上限です。

一度、闇金からお金を借りると返済するのは困難になります。

ソフト闇金」と名乗る業者でも同じです。闇金から借りるくらいなら、後述する債務整理を検討するほうが良いでしょう。

2.Twitterや掲示板の「お金貸します」は詐欺の可能性大

Twitterや掲示板の「お金貸します」は詐欺の可能性大

Twitterには「#お金貸します」というハッシュタグがあります。

このハッシュタグで検索するとお金を貸しますというアカウントがたくさん見つかりますが、どこの誰かもわからない人物からお金を借りるのはリスクが高すぎます。

Twitterに限らずネットの掲示板などでも同様です。

お金を見知らぬ他人から借りるなら、せめて貸金業登録のある正規の業者から借りるようにしましょう。

3.闇バイト・裏バイトは犯罪者として捕まるリスクも

闇バイトや裏バイトは、高収入を得られるけどその分トラブルに巻き込まれることもあるアルバイトのことです。

例えば、詐欺で使われた口座からお金を引き出す「出し子」、自分の口座を買い取ってもらう「口座売買」、客と偽って他の客を騙す「出会い系のサクラ」、麻薬や密輸品を運搬する「運び屋」などが闇バイトにあたります。

これらに関わった人は過去に何人も逮捕されています。

高収入に惹かれ、闇バイトに近付いてしまうと、気付けばあなたも犯罪者になってしまうかもしれません。

闇バイトの多くは違法性の高いものがほとんどです。

合法の闇バイトもなくはないですが、開発された新薬を飲む「治験」や死亡した人の部屋を清掃する「特殊清掃」など、肉体的にも精神的にもキツイ仕事ばかりです。

少しでも怪しいと感じたアルバイトには絶対に応募しないでください。

お金が借りれないのは、返済の可能性が薄いというサイン

お金が借りれないのは、返済の可能性が薄いというサイン

貸金業者がお金を貸したいのは返済能力がある人です。

そのため、正規の業者でお金を借りることができないということは、あなたの返済能力が低いと判断されているということでもあります。

お金が借りやすくなるための方法は後述しますので、急場をしのぐことができたら、実践できるものから実践して少しでも信用度を上げるようにしておくと良いでしょう。

おまとめローンで借金1本化すれば、返済は楽になることも

複数の金融機関からお金を借りているのであれば、「おまとめローン」を利用することで総返済額を減らせることがあります。

おまとめローンを利用すると返済の窓口を1本化できるので、返済の手間が減るというメリットもあります。

しかし、おまとめローンだからといって必ずしも総返済額が減るとは限りません。

特に借入先の中に闇金が含まれている場合、利息制限法の基準で計算し直せばそもそもの返済額が減る可能性があります。

そのような場合はおまとめローンで借りる前に、弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。

利息すら返済できていなければ、法律家に依頼して債務整理を

法律家に依頼して債務整理を

闇金に手を出してしまっている場合、元本はおろか利息の返済すら満足に出来ない状況に追い込まれることがあります。

そうなると破綻するのは時間の問題です。

そのようなときは無理に返済することを考えるのではなく、専門家に依頼して債務整理をするのが賢明です。

債務整理とは自己破産のことだと思っている人も多いでしょうが、その前のステップとして任意整理や民事再生という方法もあります。

こうした方法なら自己破産ほど生活に制限を受けないので、借金返済に苦しんでいるならまずは専門家に相談をするのがおすすめです。

お金を少しでも借りやすくするための3つの方法

お金を少しでも借りやすくするための3つの方法

当面の急場をしのぐことができたら、今後、お金に困ったときのために少しでもお金を借りやすくなるようにしておくべきです。

ここではそのために意識しておきたいことを3つ、紹介します。

  1. 安定収入を得て、勤務実績を作る
  2. 借金がある人は少しでも金額を少なくする
  3. 過去に遅延・滞納経験がある人はひたすら我慢

1.安定収入を得て、勤務実績を作る

金融機関がお金を貸しても大丈夫だと判断するのは安定した収入がある人です。

無職の人やフリーターと比べたら、正社員として勤務実績のある人のほうが安心して貸せるのは誰でも想像がつくでしょう。

正社員であればクレジットカードを作るのも簡単ですし、消費者金融でお金を借りるのもそれほど難しくありません。

きちんと働いて収入があるというのが何よりお金を借りやすくする一番の方法です。

2.借金がある人は少しでも金額を少なくする

借金がある人は少しでも金額を少なくする

現時点で借金が残っているなら、できるだけ早く返済するよう努力しておきましょう。

金融機関はお金を貸すときに審査をしますが、そのときは申込者の信用情報を調査します。

信用情報機関に照会すると、申込者の個人情報や借金の返済状況、金融事故(延滞など)の有無などがわかります。

新たな借入が必要になったときに、その時点での借金が審査に影響することもあります。

そのため、返せるものはなるべく早く返してしまうほうが良いです。

3.過去に遅延・滞納経験がある人はひたすら我慢

過去に借入金の返済遅延や滞納の実績がある場合は新たな借り入れがしづらくなります。

こうした情報は信用情報機関に残っているからです。

ただし、5年程度の期間(信用情報機関やその内容によって異なります)が経過するとその情報は消えます。

そのため、こうした金融事故を起こしてしまったのであれば、ひたすら我慢してその期間が過ぎるのを待ちましょう。

また、少し遅延したからと言って全くお金が借りられないというわけではありません。

気になるなら一般の個人でも自身の信用情報を照会することが可能なので、調べてみると良いでしょう。

まとめ:冷静にお金の工面方法を考えることが大切

お金に困っている状況だと冷静な判断力を失ってしまうかもしれませんが、そんなときこそ一呼吸して最善の手段を考えることが大事です。

その中でも一番大事なのは闇金に手を出さないということです。

闇金は法外な高金利なので、一度でも利用してしまうと全額を返済することは困難になるからです。

どうしても返済できないときは債務整理という手段もあります。

いざとなれば何とかなると割り切り、落ち着いて次の手を考えるようにしてください。