輸入ビジネスを始めたい方へ。仕入れ販売など初歩的な内容をまとめました

輸入ビジネスを始めたい方へ

ここでは輸入ビジネスで利益を上げる方法を紹介します。

主に海外から商品を仕入れてネットで販売し、利益を得ます。

どんな商品でも良いですが、日本ではなかなか手に入らないようなものに目を向けて、しかもニーズがあるものを狙うのが王道的なやり方です。

ただ、独自の入手ルートを確保していないと競合も多いので、なかなか差異つけられず安定的な収入につながりにくいというデメリットもあります。

輸入ビジネスのノウハウや必要なことを詳しく解説していきます。

輸入ビジネスとは

輸入ビジネスとは

現地に出向いて仕入れるケースもありますが、ネット上の取引のみでビジネスとして成立している人も多いです。

海外から安く商品を買い付け、日本で高く売り、その差額で収益を得ます。

方法としては例えば、中国のような安価でものが入手できる国で買い付けて日本で売ることも可能ですし、逆に日本ではなかなか手に入らないような国の商品を扱って利益を得る方法もあります。

利益を生み出すためには、現地で安定的な仕入れが見込めるのか、日本での需要はどれぐらいあるのかといったリサーチも必要です。

また、競合他社がすでに同じ商品を扱っているのかもリサーチしておきましょう。

継続的に利益を出すには保険として、「いくつかの入手ルートを確保しておく」、「複数の商品を取り扱う」ことが望ましいです。

どんなものが売れるのか。売れるものを見極める力が重要

売れるものを見極める力が重要

まずは、どんな物が売れるのかリサーチしましょう。

大手ショッピングモールの楽天やAmazon、Yahooショッピングなどを使って調べると簡単に調査できます。

そういった大手ショッピングモールには「売れ筋ランキング」、「人気度ランキング」等のランキングがたくさんあります。

その上位商品をメモしておけば、ジャンルごとの人気商品がある程度把握できるはずです。

ただ、その中で必ずしも海外で取り扱っている商品ばかりではありません。

仮に海外で売っていても大して差額がなければ、安心感という理由から楽天やAmazonで購入したいと考える人がほとんどです。

海外でも取り扱っていて、しかも日本との差額があり、お得感を感じられるようなものを見つけ出しましょう。

輸入ビジネスを始めるために必要なもの

輸入ビジネスを始める上で必要な5つの要素を紹介します。

  1. 資金
  2. 英語力
  3. 商品の目利き力
  4. ビジネスセンス
  5. スピード感

資金

輸入ビジネスを始めるために必要なもの

資金はあるに越したことはありませんが、少額(5万円から10万円程度)でも始めることができます。

輸入ビジネスの場合、多くの在庫を抱える必要がないので大量購入する必要もありません。

注文が入ってから海外で商品を買い付けて販売すれば、在庫の心配もありません。

ただし無在庫販売が禁止されているショッピングモールやサービスもあるので注意しましょう。(有名なところではYahooショッピング)

英語力

英語力があると輸入ビジネスの幅が広がります。

多くの国をリサーチできるので仕入先が増えます。

また、多くの商品を安価で購入できる中国語も可能であれば覚えておきたい言語です。

ただ、基本的にどの国から商品を仕入れるにしても英語対応可のところが多いので、英語が最も重要になります。

商品の目利き力

商品の目利き力

商品の目利き力は経験が重要です。

プライベートや仕事で「こんな商品が需要があるな」などと普段からリサーチして把握している人ほど上手くいく可能性が高いです。

まだ商品の目利き力がない人は売れている輸入代行業者などを参考にして、どんな商品を扱っているケースが多いのか、勉強するところから始めましょう。

ビジネスセンス

単純に人気がある商品、売れている商品を扱うだけではライバルと差がつきません。

どうすれば自分が仕入れた商品を購入してくれるのか、どうやったら利益が出るのか、どうやったら注目を浴びるのかいろいろな施策が必要になってきます。

一つの商品が売れたからといって対策を怠ってしまうと、その商品の需要がなくなった場合に対処が難しくなります。

スピード感

ビジネスのスピード感

何をするにもスピード感が重要です。

仕入れから商品を届けるまでのスピード、問い合わせに対する返答のスピード、流行を先取りするスピードなど。

対応が緩慢だと、リピーターはつきにくいです。

また、あなたから商品を買いたいと思われるような迅速なスピードを意識しましょう。

最大の課題は、商材選びと独自の仕入れルートを確保

商材選びと独自の仕入れルートの確保

輸入ビジネス最大のポイントは独自の入手ルートを確保できるか。

例えば、あなたが取り扱っている商品が売れ出して利益を得たとしましょう。

しかし、その販売は公にされていることですからライバルがあなたの動向をチェックする時が必ず来ます。

そしてあなたの取り扱っている商品を調べて、さらに安く販売するようなライバルが現れたら、お客さんがそちらに流れてしまう可能性があります。

誰にも真似されないようにするには入手ルートを独自で開拓したり、価格競争に負けないような価格提示をすることが必要です。

独自ルートがない場合のおさえておきたい仕入先3選

輸入品を仕入れるのによく利用される3つのサービスを紹介します。

  1. eBay
  2. 海外Amazon
  3. タオバオ

eBay

eBay

https://www.ebay.co.jp/

eBayはアメリカのオークションサイトで、世界中で1.6億人も利用しているといわれています。

それだけ多くの人が利用していますから、毎日、希少価値の高い商品が出品されています。

そこで目を付けた商品を仕入れて、日本で販売する方法も可能です。

オークションとはいえ、価格が競り上がらず即決で購入できるアイテムも多いので、必ずしも多くの資金が必要というわけではありません。

海外Amazon

海外Amazon

https://www.amazon.com/

こちらはアメリカ版のAmazon。

日本のアカウントとは別のものが必要です。

アメリカのAmazonで物を購入すると、送料や手続きの費用などがかかって、商品にさらにプラスした費用が必要になります。

「そんなにお金がかかってしまって儲かるのか?」という気がしますが、サプリメントや化粧水、育毛剤などが日本で販売されているものより圧倒的に安く販売されていることがあります。

成分は同じでも日本で販売されている商品の半額程度になっているものも多いです。

タオバオ

タオバオ

https://world.taobao.com/

タオバオは中国のショッピングサイトです。

ありとあらゆるものが安価で購入できるサイトです。

特にファッション系のアイテムが充実しています。

例えばセーターやズボンなどが100円前後で購入できるなど、びっくりするほど安い価格で販売されています。

他にもタイヤが数百円で販売されていたりするので、掘り出し物が見つかる可能性があるサイトです。

商品を仕入れるうえでの注意点。ブランド品の偽物に要注意!

輸入ビジネスを行う際、ブランド物を取り扱う人も多いです。

しかし、あまりにも安価で購入できる場合、その商品が偽物である可能性もあります。

高級ブランドは信頼できるサイトや業者を選ぶようにしましょう。

もし偽物のブランドを入手しようとすると税関でひっかかり没収され、商品が手元に届かないなんて事もありえます。

商品はどこで売る?

ヤフオクやメルカリなどの個人間売買で売る

日本在住の場合、よく利用されるサービスを3つ紹介します。

  1. Amazonで売る
  2. 楽天市場・ヤフーショッピングに出店して売る
  3. ヤフオクやメルカリなどの個人間売買で売る

Amazonで売る

Amazonは個人で商品を売ることもできます。

特に難しい知識がなくても注文処理や保管、配送まですべてAmazon側でやってくれます。

Amazonが提供しているFBAというサービスを使うと、月額4,900円(税抜)+販売手数料でサービスを利用できます。

最初はこの費用を回収できるほどの利益が出ないかもしれませんが、Amazonだと自分でお店を立ち上げるよりもスピーディーに集客力が見込めます。

楽天市場・ヤフーショッピングに出店して売る

楽天やヤフーショッピングでも出品できます。

楽天の場合はスタンダードプランで月額出店料が5万円。

そこからさらにシステム利用料やモバイル対応サービスシステム料などが発生します。

一方、Yahooショッピングの場合、出店料が一切かかりません。

初期費用や月額利用料もないので、かなり始めやすいです。

発生する費用はクレジットカード決済手数料、アフィリエイト費用、ポイント付与程度です。

それも数%だけなので、そこまで莫大な費用になることはありません。

ヤフオクやメルカリなどの個人間売買で売る

ショッピングモールを利用する際、「ちょっと費用が気になるな」ということでしたら、オークションサイトを使って売るのも一つの手段です。

日本ならヤフオクやメルカリの利用者が多いです。

例えば、メルカリなら出品時に費用は一切かかりませんし、もし売れたとしても、その商品の10%のみが手数料としてかかるだけです。

売れたときだけ費用がちょっとかかるシステムなので、初期費用がほとんどない人でも気軽に利用できます。

輸入ビジネスのよくある失敗

輸入ビジネスのよくある失敗

輸入ビジネスに多いのが、偽物が届いたり、商品が破損しているケース。

特にブランド物を扱う場合、そういったトラブルが起きやすいです。

また実際に紹介されていた色や形とは違うものが届いたというケースも多く報告されています。

信頼できる仕入先を選ばないと、そういったトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

そして商品を仕入れる際、手元に届くのがどれぐらいになるのかも把握しておきましょう。

海外から商品を仕入れた場合、2、3週間程度かかってしまうものも多いです。

そうなると注文者からキャンセルが入ってしまうこともあります。

あらかじめ「配送まで2、3週間程度かかる」と告知しておきましょう。

そして仕入れる際は商品価格だけでなく、関税や送料も計算しておきましょう。

また日々変動する為替も把握しておかないと、利益が思ったより出なかったという事もありえます。

まとめ:身につけるべきスキル多数。コツコツ取り組もう

以上、輸入ビジネスについて紹介しました。

少額から始められるので、大きな赤字になりにくいビジネスですが、語学力が不足している人や輸入に関する知識がないとトラブルになりやすいです。

最初は誰かにサポートを受けながら始めたほうが失敗せずに済みます。

参入障壁は高いですから、輸入ビジネスのノウハウがわかってくれば、安定的に利益を出す事も可能です。