【メルペイの使い方】iDやApple Payで使うには?還元率0%でメリットゼロ?

「メルペイを使ってみたいけど、どうやって使うの?」

メルペイは本当にお得なの?

普段メルカリを使っているからこそ、気になってしまいませんか?

この記事では、iPhoneとAndroidスマホでのメルペイの使い方、メリット・デメリット、iD決済・コード決済の方法、メルペイを使える店などについてご紹介します。

メルペイの特徴

メルペイはiDとコード決済ができる決済サービスです。

メルカリアプリを使用していれば簡単に使い始めることができます。

メルペイの最大のメリットは、メルカリの売上金を電子マネーにしてコンビニや飲食店で買い物ができることです。

メルカリの売上金を現金にするには振り込み申請をして口座に振り込まれるまでに時間がかかったり、手数料がかかるので、売上金の使い道に困っていた人という人は多いのではないでしょうか?

メルペイを使えば手数料なしでメルカリの売上金を使うことができます。

iPhoneでもAndroidスマホでも使えるので、メルカリで不用品などを売って売上金がある人は、メルペイを利用しましょう。

メルペイを利用するメリット

メルペイの利用を考えているなら、メリットが気になりますよね。

こちらでは、メルペイを利用するメリットをご紹介します。

メルカリの売上金で買い物ができる

メルカリの売上金を銀行口座に振り込んでもらうには手数料200円がかかりますが、売上金をメルペイで使えば手数料無料で、すぐに利用することができます。

メルカリの売上金を手数料無料で使えるのがメルペイの最大のメリットといえます。

iD決済ができる

メルペイではiD決済ができるので、使える店舗がとても多いです。

メルカリの売上金の使い道に困っていた人も、コンビニ、ドラッグストア、スーパーで有効に使うことができますよ。

メルペイならクレジットカードがなくてもiDを利用できます。

メルペイを使うデメリット

メルカリの売上金を使うことができるのがメルペイのメリットですが、デメリットもあります。

こちらでは、メルペイを使うデメリットをご紹介します。

クレジットカードが使えない

メルペイは事前にチャージをして利用するプリペイドタイプの決済サービスですが、チャージにクレジットカードが使えません。

また、クレジットカードを登録してクレジットカード決済ができないので、決済サービスでクレジットカードを利用して、クレジットカードのポイントを貯めることができません。 

メルペイ自体にポイントはたまらない

LINE Payや楽天ペイで支払うとポイントが付きますが、メルペイにはポイント機能がないので、支払いに使ってもポイントはたまりません。

ただ、メルカリの売上金を銀行口座振り込みにすると手数料が200円かかるので、メルカリの売上金を手数料無料で買い物に使えるという点ではお得です。

また、メルペイで支払うときに購入店舗のポイントカードがあれば、そのポイントは貯めることができます。

例えば、ローソンでメルペイを使う場合、Pontaカードやdカードを提示すればPontaポイントかdポイントを貯めることができます。

メルペイでの支払いでポイントはたまりませんが、「メルカリでの買い物をクレジットカード払いにする+メルカリの売り上げをメルペイで使う」という方法であれば、お得にメルペイ関連サービスを利用できます。

メルカリでの購入におすすめのクレジットカードをご紹介します。

楽天カード

楽天カードは楽天ポイントが貯まるクレジットカードです。

年会費は無料で、還元率は1%で楽天ポイントが貯まりやすいので、楽天ポイントを貯めたい人におすすめです。

楽天Edyと楽天ポイント機能をクレジットカードにつけることができるので便利です。

セゾンインターナショナル

セゾンインターナショナルは年会費無料で、1,000円で1ポイントが付き、ポイントはマイルやTポイントに交換したり、商品を交換することができます。

西友で毎月5日と20日に使うと5%安く買い物することができ、セブンイレブンやイトーヨーカドーで利用するとセゾンカードのポイントとnanacoポイントの2重取りができます。

西友やセブンイレブン、イトーヨーカドーをよく利用する人におすすめです。

メルペイの使い方

メルペイを使うために必要なアプリ、設定方法、銀行口座の登録方法、チャージ方法、決済方法をご説明します。

必要なアプリ

メルペイを使うためには、メルカリアプリが必要です。

iPhoneであればApp Storeから、AndroidスマホであればGoogle Playからメルカリアプリをインストールしましょう。

メルカリアプリをインストール後は、メールアドレス、パスワード、ニックネームなどを入力してメルカリに会員登録します。

メルペイの設定

メルカリに登録した後は、メルペイで支払いができるように設定をします。

iPhoneとAndroidスマホでは設定方法が異なるので、それぞれの手順を説明してきます。

iPhoneの設定方法(Apple Pay利用)

  1. メルカリアプリのメルペイタブを押す
  2. 「売上金・ポイントをお店で使う」を押す
  3. 「次へ」を選択
  4. 設定を始める(無料)」を押す
  5. 電話番業認証を求められたら、電話番号に送られてきた4桁の番号を入力
  6. メルペイの電子マネーカード作成が完了
  7. 電子マネー情報をiPhone(Apple Pay)に追加
  8. 設定完了

電子マネーカードを作成すれば、その後は自動的にApple Payに電子マネー情報を追加することができます。

設定が完了すれば、iDで支払うことができるようになりますよ。

Androidスマホの設定方法

Androidスマホでメルペイを利用するには、おサイフケータイ対応のスマホを使う必要があります。

  1. メルカリアプリのメルペイタブを押す
  2. 「売上金・ポイントをお店で使う」を押す
  3. 「次へ」を選択
  4. 「設定を始める(無料)」を押す
  5. 電話番業認証を求められたら、電話番号に送られてきた4桁の番号を入力
  6. 「次へ」を押す(自動的におサイフケータイとの連携)
  7. 設定完了

おサイフケータイ対応のAndroidスマホの設定では、電子マネーカードを作る必要はなく、自動的にメルペイ電子マネーのiDとおサイフケータイが連携されます。

これで、iDで支払うことができますよ。

もし、おサイフケータイにメルペイ以外のiDを登録している場合は、「iD支払い=メルペイ支払い」にできるように設定しましょう。

メルペイの「メルペイ設定」から電子マネー(iD)を選び、「優先設定にする」を「設定済み」にすることでメルペイのiDを優先的に利用できるようになります。

銀行口座を登録

メルペイはチャージをしてメルペイ残高から支払うか、メルカリの売上金でポイントを購入してポイントで支払うかを選ぶことができます。

銀行口座を登録すれば、売上金が出るたびにポイントを購入して支払いに利用する必要がなくなるので、銀行口座を登録しておきましょう。

銀行登録の方法

  1. メルカリアプリの「お支払い用銀行口座の登録」を押す
  2. 銀行口座を選ぶ
  3. 「同意して次へ」を押す
  4. 口座情報を入力する
  5. 「銀行サイトへ」を押す
  6. パスコードを設定
  7. 登録完了

登録できる銀行は以下の通りです。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 愛知銀行
  • 青森銀行
  • 足利銀行
  • イオン銀行
  • 岩手銀行
  • 愛媛銀行
  • 大垣共立銀行
  • 東和銀行
  • 百十四銀行
  • 四国銀行
  • じぶん銀行
  • 富山銀行
  • 長野銀行
  • 阿波銀行
  • 群馬銀行
  • 滋賀銀行
  • 千葉興業銀行
  • つくば銀行
  • 仙台銀行
  • 北海道銀行
  • 第四銀行
  • 京葉銀行

メガバンクから地方銀行まで様々な場所で使えるので、時間のある時に登録しておきましょう。

また、メルペイでは「メルペイあと払い」というサービスもあり、メルペイで支払った金額を後日コンビニやATMで支払うことができます。

ただ、手数料が300円かかるので、日常使いするなら銀行口座を登録して売上金をメルペイ残高として利用するか、銀行口座からチャージして利用するのがおすすめです。

決済方法

メルペイの支払い方法は、iDとコード決済の2種類です。

iDで支払う場合はiDの加盟店で「iDで支払います」と伝え、メルペイの「電子マネー(iD)を開く」を選び、専用端末にスマホを近づければ支払いが完了します。

コード決済の場合は、店舗で「メルペイで支払います」と伝え、メルペイのコード払いを押して表示されたコードをお店で提示すれば支払いが完了します。

メルペイを使える店舗は?コンビニや飲食店などでお得に使える!

メルペイはiD加盟店とメルペイ加盟店で使うことができます。

特にiDを使える店舗は多いので、メルカリの売り上げをメルペイで使う場合はiD支払いにすると様々な店舗で使えるようになりますよ。

iDが使える主な店舗をご紹介します。

コンビニ

メルペイ(iD)が使えるコンビニには次のような店があります。

  • ローソン
  • ローソンストア100
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

飲食店

メルペイ(iD)が使える飲食店には次のような店があります。

  • かっぱ寿司
  • 牛角
  • はま寿司
  • ガスト
  • バーミヤン
  • ジョナサン
  • CoCo壱番屋
  • すき家
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • モスバーガー
  • ロッテリア
  • 珈琲所コメダ珈琲店

ショッピング

ショッピングでメルペイ(iD)が使えるお店には次のような店があります。

  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ビブレ
  • ザ・ダイソー(一部店舗利用不可)

ドラッグストア

メルペイ(iD)が使えるドラッグストアには次のような店があります。

  • ウェルシア
  • キリン堂
  • くすりの福太郎
  • サンドラッグ
  • スギ薬局
  • ハックドラッグ

家電量販店

メルペイ(iD)が使える飲食店には次のような店があります。

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • エディオン
  • ドコモショップ

コード決済ができる店舗

メルペイのコード決済ができるのは、松屋、ローソン、ミニストップ、阪急百貨店、阪神百貨店、マリオンクレープ、Japan Taxiなどです。

まだまだコード決済ができる店舗は少ないですが、メルペイとLINE Payが提携し、2019年夏ころに双方の加盟店を相互開放することを発表しているので、メルペイコード決済ができる店舗が増える予定です。

まとめ:メルカリをよく利用するならメルペイがお得。まずは使ってみて

メルペイの利用がおすすめの人の特徴をまとめました。

  • メルカリをよく利用する人
  • メルカリの売上金がある人
  • クレジットカードなしでiDを使いたい人

メルペイの最大のメリットは、メルカリの売上金を手数料なしで買い物に使えるようになることです。

メルカリをよく利用して売上金が発生する人、メルカリの売上金の使い道に困っていた人は、ぜひメルペイを利用しましょう。

また、メルペイ経由で使うとiDをクレジットカードなしで使うことができるので、クレジットカードなしでiDを使ってみたい人にもおすすめです。