【お金がなくて死にそう!】今すぐお金が必要な時にできる10の方法

お金がなくてマジでやばい、死にそう~(泣)

冷や汗が出るほどのピンチの時ってありますよね。

そんな時あなたならどうしますか?借りる?稼ぐ?

金融機関から借りる方法、自分でお金を捻出する方法などお金を工面する方法は数々あります。

しかし今すぐ使えて即日で現金が手に入るという方法は意外に少ないものです。

また社会的ルールを守らないと法律に触れてしまう方法も中にはあります。

今回は安全に実践できて即効性が高い方法ばかりを紹介します。

 

● 1時間以内にお金が欲しい方はこちら >>

金融機関でお金を借りる

一番無難なのは金融機関から借りることです。

銀行の他、信用金庫や農業協同組合、保険会社、証券会社などもお金を貸してくれる可能性があります。

金融機関ごとに一定の審査基準がありますが、審査にクリアすれば最もスピーディーにお金を工面することができるので、ピンチを脱出するには最適な方法です。

一口に金融機関といっても様々あるので、それぞれの特徴について見てみましょう。

  1. 消費者金融から借りる
  2. 銀行ローンを利用する
  3. クレジットカードのキャッシング枠を利用する
  4. ビジネス利用なら商工ローンを利用する

消費者金融から借りる。急ぎの場合消費者金融がベストな理由

今すぐお金が必要な場合、消費者金融から借りるのがベストです。

「銀行で無理でも消費者金融の審査には通った」という人もいます。

借り入れ審査にかかる時間も短いため、最短即日でお金を借りることも可能です。

例えば金融機関は在籍確認をする時、直接職場に電話かけることもありますが、消費者金融でそこまでやる業者は少ないです。

消費者金融の中には、職場への電話確認や郵便物がない、また借り入れのためのキャッシュカードそのものもないというところもあります。

そのため家族がいる人などは、内緒でバレずに借りることもできます。

スマホと免許証さえあれば、来店不要で24時間申し込みが可能なので、一番最初に検討したい方法だと言えます。

最短即日可能。おすすめの借入先

最短即日可能な安心、安全な消費者金融を4つ紹介します。

本当にお金が必要なときに検討してみてください。

  1. プロミス
  2. SMBCモビット
  3. レイクALSA
プロミス

最短1時間で融資可能♪

WEB完結なら郵送物不要!カードレス!(※1)

平日14時過ぎや土日祝日でも、ネット申し込みしておけば、審査通過後に自動契約機で借りられます。

しかも自動契約機でカードを受け取れば、基本的に自宅に郵送物は届きません。
30日間無利息サービスあり!(※2)
(※1)対象金融機関は200行以上あり(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

プロミス即日融資の申込みはこちら>>

SMBCモビット

SMBCモビット

モビットのWEB完結申込なら、原則的に郵送物も無く電話連絡もありません。

なので、家族や会社に知られずに借りれるところはないかな~と探している方なら絶対ココ!

SMBCモビットアプリとセブン銀行ATMを利用すれば、カードなしで24時間入出金可能。 ※安定した収入がある正社員の方におススメ♪

モビット即日融資の申込みはこちら>>

レイクALSA


レイクALSAは最短即日振込み可能。

WEB完結OK、スマホから借入れもOKなので、仕事などで忙しい方にぴったり!

一定収入があれば、アルバイト・パート社員の方も申し込めます。

レイクALSA審査結果15秒表示はこちら>>

※1:即日の振込みを希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。審査により希望に沿えない場合があり。
※2:年齢が満20歳以上70歳以下
※3:国内に居住する方
※4:ご自分のメールアドレスをお持ちの方

 

銀行ローンを利用する

借りられるスピードで言うと消費者金融ですが、特に借金などの履歴がないなら銀行ローンを第一に考えましょう。

一般的に銀行カードローンの方が消費者金融に比べて金利も低いですから、返済する時に余計な利息がなくて済みます。

ただしサービス面では消費者金融に劣ります。

まず第一に審査スピードが早くないということ。

最短即日融資を提供する銀行は少なくなりました。

今日中に至急お金をなんとかしたいという方には不向きです。

もうひとつは審査が比較的厳しいことです。

したがって、金利などを比較してじっくり借り入れ先を選びたいという方に向いている方法だと言えます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

すでにクレジットカードをお持ちの方ならキャッシング枠を利用する方法もあります。

これなら既にクレジットカードの審査が通っているので、すぐにでもお金を入手できます。

例えばJCBの場合、最初の時点では上限50万円となっています。

ただしクレジットカードのキャッシング枠は、多くの方があまり大きくないため50万円~100万円という金額を借りることは困難です。

またショッピング枠を利用している人は、その分キャッシング枠から利用枠が減らされるため、注意が必要です。

ビジネス利用なら商工ローンを利用する

お金を借りる目的がビジネスなら商工ローンという手もあります。

近年は連帯保証人が不要、担保も不要というビジネローンも増えてきました。

企業向け融資の商工ローンとして有名なサービスはビジネクストです。

消費者金融のアイフルの系列なので知名度も高く安心して利用できます。

法人や個人事業主の方が融資対象となっています。

ただ、金利は消費者金融と同じくらい高めなので、資金繰りや支払いなどで急いでいるという時以外は、公的機関など金利が低いところを優先して利用しましょう。

働いたり、物を売ってお金を作る

金融機関や消費者金融の審査が難しいという場合、働いて稼ぐしかありません。

日雇い派遣は労働改正法によって禁止になってしまいましたが、今でも日雇いバイトは認められています。

契約して即働いて日払いでもらう事も可能なので、短期でお金を得られます。

また何か所有しているものがあれば、買取業者に売ったり、フリマなどで売る方法もあります。

日雇いバイトをする。即金でもらえる日払いバイトとは?

契約してすぐに働き、その日のうちに日払いで収入を得る方法もあります。

例えば、イベントの警備員、誘導の係、交通調査などは、人手不足なので派遣登録したその日に仕事を紹介してもらえることも多いです。 

日払いバイトの探し方

「日払いバイト」と検索すれば多くの求人サイトがヒットします。

  • タウンワーク
  • Indeed
  • マイナビバイト

まずは大手求人サイトから探すのが無難です。

都道府県別でたくさんの仕事が毎日掲載されています。

イベント系の仕事が多いですが、不足人員を補うため工場内作業や引越し作業なども多いです。

不用品を売る。不用品を現金化する3つの方法

「仕事せずにいち早くお金を得たい」ということでしたら、物を売りましょう。

下記3つの方法があります。

  1. リサイクルショップで売る
  2. 質屋を利用する
  3. フリマアプリを利用する

リサイクルショップで売る

需要があって使えそうなものならリサイクルショップも手段の一つです。

ハードオフなどのリサイクルショップに持ち込みましょう。

リサイクルショップの買い取りは、品物によっては金額を安く買い叩かれるという場合もありますが、即日で現金化できるので、今すぐお金が必要という場合には、最適な方法です。

質屋を利用する

リサイクルショップと質屋の使い分けですが、リサイクルショップは何かの物に限定されていることが多いです。

例えば電化製品、雑貨など。

それに対し質屋は多種多様なものを扱っているので、どんなものでも買い取ってくれる可能性が高いです。

基本的に質屋は質草と引き換えにお金を貸してくれるところなので、利息をつけてお金を返済すれば、品物も手元に戻ってきます。

フリマアプリを利用する

最近はフリマアプリも充実しているので、自宅で簡単に物を売ることができます。

有名なところではメルカリやラクマなどがあります。

オークションとは違い、自分で値段を設定してその価格で販売する事も可能です。

逆に何か得意ジャンル、見識があれば安く購入してそれを高値で売る方法もありますね。

注意!メルカリは即日入金不可。急ぎならCASHアプリを使う

例えばメルカリを使用した場合、取引が全て終了しても振込申請を行ってから入金されるまで4営業日かかります。

つまり、即日入金というのは不可能ということです。

今すぐお金が必要という場合には不向きです。

メルカリと似たようなものだと、CASHの方が入金スピードが早いです。

メルカリと同様に自分が所有しているアイテムを売るのですが、先に買取値がつきます。

その買取値(キャッシュ)を銀行振込で依頼すれば、すぐにお金を手にできます。

商品を届けたりといった手間が後回しになるので、入金スピードはこちらの方が早いです。

周囲の人に相談する

金融機関を利用すると金利などがついて、結局借りたお金以上を最終的には用意しなければいけません。

そういった負担を考えれば、周囲の人に相談して無利息でお金が借りられるのがベストです。

家族や友人など気心が知れた人に、まずは相談してみましょう。

  1.  両親・兄弟などの家族に相談
  2. 友人・知人に相談
  3. 勤務先・会社に相談

両親・兄弟などの家族に相談

最初は身内に相談するのがおすすめです。

やはりお金の話はシビアになる人が多いですから、好意的に受け入れてくれる人が少ないです。

しかし家族であれば親身になって相談に乗ってくれますから、第一優先で考えてみましょう。

友人・知人に相談

次に友人や知人も考慮してみましょう。

ただ、顔見知り程度の人ではなく、昔からの古い友人など気心知れた人に相談するのがおすすめ。

そしてその友人にも事情を正直に説明して、理解を得てから借りるようにしましょう。

お金きっかけで疎遠になるようなことがないように注意しましょう。

また友人だからといって、契約書なしでお金の貸し借りを行うのはNGです。

勤務先・会社に相談

場合によっては勤務先や会社に相談する手もあります。

例えば、少人数で成り立っているような会社でしたら、社長に相談して給料の前借りが可能なケースがあったりします。

しかしあなたの人となりがわかっていないと厳しいでしょう。

尚、中小企業以上の場合は厳しいと考えた方が良いです。

むしろお金の相談をすると不審に思われてしまいます。

ルールを守ることは必要。借入の際は借用書を交わすこと

友人や知人からお金を借りる際、信用を増す為には口約束ではなく、借用書を交わすことが重要です。

正式な書面である必要はありません。

  • 借りた日付
  • 氏名
  • 借りた金額
  • 返済期日
  • 署名・捺印

これらが記載されていれば、手書きの書類でも問題ありません。

やってはいけないお金の工面方法

手を出すと、後々痛い目にあってしまう6つの借金方法を紹介しましょう。

  1. 闇金・ソフト闇金から借りる
  2. ネットの個人間融資を利用する
  3. 闇バイトで稼ぐ
  4. 売春する
  5. クレジットカードを現金化する
  6. 夜逃げ・借金の踏み倒しをする

闇金・ソフト闇金から借りる

違法金利で貸付を行う闇業者からはお金を借りてはいけません。

闇金の利息は10日で1割とも2割とも言われます。

10日で10%の金利は、年利になおすと365%。

実に消費者金融の20倍以上です。

返済能力が乏しい状態で、そのような法外な金利でお金を借りることは自殺行為といえます。

また闇金に手を出してしまうと自分だけでなく周囲の人にまで悪影響を及ぼします。

最初は軽い取立てだったとしても、それが次第に脅迫めいた電話や恐喝へと変わってきます。

仮に完済できたとしても、営業電話がかかってくるなど、しつこくつきまとわれるため、返済すれば良いという問題ではありません。 

ネットの個人間融資を利用する

SNSなどを通じてネットで個人間融資を行っているケースがあります。

業者を介さない為、お金の貸し借りで「金利が低く助かる」と考える人もいます。

しかし背後には悪質な闇金業者、あるいは風俗業者などが潜んでいることも多いのが現実です。

無金利と言っていたはずなのに、保証料や手数料等の名目でお金を請求してくるケースもあります。

さらにそこから個人情報を詐取され、自宅に押しかけてくるケースもありますので、絶対に利用しないようにしましょう。

闇バイトで稼ぐ

法律的にグレーのもの、身の危険を及ばす可能性があるものを「闇バイト」といいます。

そういったバイトは当然通常の求人サイトには記載されていません。

特定のサイトなどで詳細は記載されずに募集されています。

  • 口座の名義貸し
  • 出し子
  • 運び屋

このような特殊詐欺や違法薬物の売買などに加担する仕事は、刑事処分の対象になります。

バイト代に目がくらんで、うっかり応募するというようなことのないようにしましょう。

売春する

女性なら身体でお金を稼ぐ方法もあります。

ただ売春の場合、どんな人が相手になるかわかりませんから身の危険にさらされることもありえます。

また、売春を仲介する業者もあります。

そういったところは認可を受けていない違法業者が多いです。

無認可の業者の元で働いてしまうと、従業員も責任を問われることになります。

クレジットカードを現金化する

クレジットカードの現金化はショッピング機能を使った現金化のことです。

元々自分のお金ではないお金を使って商品を買い、それをすぐに売って現金にする方法です。

もちろん、こういった方法は各クレジット会社で規約違反としていますから許されていません。

意図的な現金化が発覚すれば、カードは利用停止になります。

この方法で現金化しても結局は借金として返済しなければいけないため、苦労するのは自分です。

夜逃げ・借金の踏み倒しをする

夜逃げや複数の金融機関から借金を踏み倒すのも、辞めるのが賢明です。

夜逃げや踏み倒しには終わりがありません。

いつ取り立てがやってくるかわからないという恐怖に一生怯えることになります。

居場所が突き止められることを恐れて、住民票を移動できない状態になります。

そうなれば、年金や保険、学校といった公的サービスが受けられなくなり、生活が困窮します。

借金が膨らんで立ち行かないという場合は、次に紹介する債務整理のような法的な解決策を考えましょう。

自力での金策が不可能な場合の2つの方法

お金に困った場合、状況によっては公的機関を利用して生活支援を受けられる可能性があります。

あるいは法律に則って債務整理をして借金を清算する事も可能です。

方法は以下のとおりです。

  1. 公的機関を利用する
  2. 債務整理する

公的機関を利用する。生活支援が相談できる3つの制度

役所を訪問し、生活支援相談を検討しましょう。

条件に該当していれば、下記の資金や援助を得ることができます。

  1.  生活福祉資金貸付制度
  2. 緊急小口資金
  3. 生活保護

生活福祉資金貸付制度

低所得者や障害者高齢者などを対象にお金を貸し出している制度です。

無利子、または低金利でお金を借りられるので該当する人であれば検討したい方法です。

低所得者というのは市県民税が非課税になる程度の所得を指します。

ただし、該当する人全て融資可能というわけではなく、連帯保証人をつけたり、審査が求められます。

とはいえ、金融機関から借りるだけの返済能力がないという場合にも利用できる便利な精度です。

参照:全国社会福祉協議会 生活福祉資金貸付制度
https://www.shakyo.or.jp/guide/shikin/seikatsu/index.html

緊急小口資金

緊急小口資金は、文字通り緊急的にお金が必要なときに、最小限度の金額を貸付してくれる制度です。

貸付条件は各自治体によりますが、10万円程度を無利息で借りることができます。

連帯保証人も不要で、無利息で借りられるため金融機関からの借り入れに比べると返済が容易です。

ただし多額の負債がある場合や、生活保護などその他の制度を利用中の世帯は、利用できない場合があります。

利用条件に当てはまるかどうかは、近くの社会福祉協議会にお尋ねください。

生活保護

生活保護も低所得者を対象としたものです。

なんらかの事情で生活に困窮しており、自分が住んでいる市町村の役所の窓口に申請すれば、誰でも受給する権利があります。

病気や怪我などで働きたくても働けないなど、受給には条件があります。

生活保護を受給することを恥ずかしく思い、相談できずにさらに生活が苦しくなるということもありますが、本当に困窮した場合にはぜひとも利用したい精度です。

参照:厚生労働省 生活保護制度
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatuhogo/index.html

債務整理する。自己破産だけが選択肢ではない

借金返済が苦しくなり、お金を借りられる目処も立たないなら、債務整理を検討しましょう。

債務整理と一言で言っても任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあります。

支払不能と判断された場合のみ、自己破産になります。

自己破産は支払義務免除となりますが、任意整理や特定調停、個人再生とは違い、免責後は財産が一切残りません。

返済の見込みがある場合は、自己破産以外での対応となります。

例えば、個人再生なら住宅を手放すこともないので、自己破産以外での対応が一般的です。

迷ったら弁護士など法律家に相談を

「お金をどのように返済すれば良いか分からない」

「お金をどのように調達するのが最適な方法か判断がつかない」

という場合は、弁護士など法律家に相談してみましょう。

状況によっては生活保護などを受けられる可能性もありますし、返済が厳しいようでしたら法的な借金の整理を検討してくれるます。

借金の整理というと、自己破産を連想する方も多いですが、自己破産だけが債務整理ではありません。

そういった判断も弁護士であれば的確です。

普段弁護士に関わることのない人にとっては、ハードルが高く感じられますが、相談は無料というところが多いので、一度検討してみてください。

まとめ:金欠体質を改善することも必要

以上、お金を借りる10の方法を紹介しました。

金融機関から借りる方法、働いてお金を稼ぐ方法、物を売ってお金を稼ぐ方法、周りに相談してお金を得る方法などいろいろあります。

危険なサービスや違法な金融機関に手を出すのではなく、安全で計画がスムーズに遂行できるものを選択しましょう。