モーニングコール代行は稼げるのか?廃れゆくニッチビジネスの運命はいかに

モーニングコール代行は稼げるのか

ここでは、モーニングコール代行の仕事について解説していきます。

単純に朝起きられないという人だけでなく、高齢者の方を対象に安否確認の意味合いでモーニングコール代行をお願いする人もいます。

ただの音声ではなく、実際に会話するケースが多いのがメリット。

会話は音声と違って脳を活性化させる意味合いもあり、なかなか起きれない人に人気があります。

モーニングコール代行の仕事について詳しく見ていきましょう。

モーニングコール代行とは?

女性スタッフが朝起こしてあげる

モーニングコール代行は依頼者に朝電話して、起こしてあげる仕事です。

依頼者は男性の比率が多く、女性スタッフが朝起こしてあげるというケースが大半です。

ただ単に朝起きるというだけなら、今は目覚まし時計の他にスマホもありますから、特にモーニングコールの必要はないでしょう。

しかし「朝から気持ちの良い目覚め」、「高揚感を促す」という意味で、モーニングコール代行がいまだに存在します。

利用者の中には、朝起きるという目的以外に「女性と話したい」ということで依頼している方もいます。

ただ単に起こす電話ではなく、ちょっとした会話を提供しているサービスもあります。

自動音声のみの業者もありますが、それだとあまりモーニングコール代行に依頼するメリットはないので会話型が人気です。

スマホ全盛の時代にモーニングコールを求める人とは?

絶対に遅刻させたくない業務がある

個人が依頼するケースが大半ですが、場合によっては会社が依頼するケースも稀にあります。

例えば、

  • 絶対に遅刻させたくない業務がある
  • 漫画家など在宅ワークをしている人向けに注意の意味でモーニングコールを行う

こういった用途があり、第三者が依頼してくることもあります。

その他では、高齢者の安否確認を目的として利用しているケースもあります。

「朝や日中は仕事していて、なかなか連絡が取れない」という家族に代わってモーニングコール代行をお願いするケースです。

これなら介護士などに依頼するより料金も安いですから、安否確認にはちょうど良いと考える利用者もいます。

モーニングコール代行の収入は?

モーニングコール代行の収入

モーニングコールのみで暮らしている人はなかなかいないので、収入は明らかになっていません。

便利屋がサービス業の一つとしてやっているケースもあります。

ちなみに、利用者は月額2,500円から4,000円程度となっています。

モーニングコール代行会社の従業員として対応する場合は、その内の数%を手にする程度でしょう。

つまり1回対応するだけでも100円に満たないような、非常に微々たる収入と推測されます。

モーニングコール業者3選とオペレーターの募集状況

ここでは、モーニングコール代行を行っている3つの業者を紹介します。

  1. エリアフレンズ
  2. モーニングコールどっとこむ
  3. モーニングコール娘

エリアフレンズ

エリアフレンズ

http://www.areafriends.co.jp/recruit/

エリアフレンズば、個人と法人向けにモーニングコールサービスを提供している会社です。

毎日同じ時間にモーニングコールをする「毎日コース」や、不規則の方向けの「シフト制コース」など用意されています。

また、家族の安否確認を目的とした「家族見守りコース」もあり、モーニングコール代行ではかなり充実した会社です。

採用情報ページもありますが、現在募集はされていません。

再開されるかどうかは電話やメールで確認を取ると良いでしょう。

モーニングコールどっとこむ

モーニングコールどっとこむ

http://www.morning-call.com/

モーニングコールどっとこむもモーニングコールサービスを行っている会社です。

音声ではなく、直接話をするスタッフが在籍しています。

基本的には平日のみのサービス提供ですが、オプション料金を支払えば土日祝日も対応してくれます。

こちらも採用ページはあるものの現在募集していません。

新規スタッフが必要な場合は「メールで連絡する」となっているので、希望の旨だけはメールで伝えておいても良いでしょう。

モーニングコール娘

モーニングコール娘

http://hisui.on.arena.ne.jp/morning/pc/

モーニングコール娘は女性スタッフのみが在籍している会社。

他のモーニングコールサービスよりちょっと「萌え」を意識した男性向けサービスとなっています。

「優しく起こされたい」、「かわいい声で目覚めたい」という人向けのサービスです。

モーニングコールにプラスして「お話時間を延長する」といったサービスもあるため、話し相手になるようなイメージです。

こちらも現在スタッフ募集はされていません。

まとめ:人によるモーニングコールの仕事は減少傾向かも

以上、モーニングコール代行について紹介しました。

男性のお客さんを中心に需要はあると考えられますが、あまり生計を立てられるほど稼げる仕事ではないでしょう。

実際、スタッフの募集をしているところもほとんどありませんし、就きにくい仕事でもあります。