楽器を売る方法まとめ。不要な楽器を少しでもお金にする秘訣

楽器を売る方法

買い替えなどで使わなくなってしまったり、購入してみたものの忙しくて触れなくなってしまった楽器などはありませんか。

そんな『不要になってしまった楽器』を上手に売る方法をまとめてみました。

楽器は中古の需要も高く、上手に売れば高く買い取りしてもらうことができます。

もし使っていない楽器があれば、眠らせておくより買い取りに出してしまいましょう

オススメの買取方法から、高値買取の秘訣と注意点まで紹介していきます。

楽器を売る4つの方法

まずは楽器の売り方として4つの方法を紹介します。

  1. 楽器の買取専門サービスで売る
  2. 楽器店に依頼する
  3. リサイクルショップで売る
  4. 知り合いや友人に売る

楽器の買取専門サービスで売る

楽器の買取専門サービス

楽器は専門の買取業者に買い取りしてもらうことができます。

楽器は取扱できる買取業者とそうでない業者がありますので、依頼する場合はきちんと楽器の中古買取が出来る業者を選択する必要がありますので注意して下さい

以下に楽器の買取専門業者を紹介させていただきます。

楽器買取依頼の手順は?宅配出張買取が楽で簡単

まず楽器の売却方法ですが、大きくかさばる事も多いので出張買取、宅配買取がオススメです。

段ボールに詰められるような小型の楽器なら宅配買取、梱包が難しいような大型の楽器を売りたい場合は出張買取を選択すると良いでしょう。

宅配買取の場合でも専用のキットを送ってもらえるので、買取業者が自宅に訪問することに抵抗がある場合などは宅配買取をオススメします。

どちらも店頭買取に比べて持ち運びの手間がありませんので、移動時の破損リスクや重労働がなく手軽に利用できる方法です。

ただし店頭買取に比べて現金化には多少の日数がかかります。

今すぐお金に替えたい!という方は店頭買取の方がスピーディに済むケースもあるでしょう。

高く売れる楽器とそのブランドを一部紹介

高く売れる楽器

高く売れる楽器とそのブランドを一部ですが紹介いたします。

まずは人気の高い『ギター・エレキギター』ですね。

家にある楽器といえばコレ!という代表格の一つでもあります・

ギターでは『ギブソン』や『フェンダー』という二代有名メーカーや『マーティン』『トーカイ』などのメーカーが高額取引されています。

その他にも管楽器である『サックス』や『フルート』も需要があり人気の楽器と言えます。

言わずとしれた楽器ブランド『YAMAHA(ヤマハ)』や『Altus』などが高価買取実績があります。

楽器専門店なら『電子ピアノ』なども買い取りしてもらえます。

こちらも『YAMAHA(ヤマハ)』や『Roland』、『KAWAI』の製品などが高値買取されています。

楽器本体以外に一緒に売れるものは?

楽器は本体以外にも、楽器付属のケースなども一緒に買取りしてもらえます。

ギターであればギターアンプなどもまとめて買い取りしてもらえますので、一緒に売りに出しましょう。

その他にも、音楽制作ソフトなども取扱しています。

【全国対応】おすすめの楽器買取業者

全国各地に出張、無料宅配買取などのサービス展開をしているオススメの買取業者をピックアップしてみました。

買取業者に悩んでいる方は是非参考にして下さい。

  1. 楽器の買取屋さん
  2. 楽器買取アローズ
  3. 奏屋(かなでや)
楽器の買取屋さん

http://gakkikaitori.jp/

楽器の買取屋さん

『楽器の買取屋さん』では、店頭買取、宅配買取、出張買取の全てを行っています。

電話一本で査定の申込みが可能で、出張買取では申込みから最短30分というスピードで査定に来て貰えます(お住いの地域と予約状況によります)

信頼できる業者に依頼したい!という方は店頭に直接持ち込むことも出来ますので、お近くに店舗があれば持ち込み査定を依頼するのもオススメです。

店頭買取、出張買取なら査定が終わり金額に納得できればすぐに現金化することも出来ます。

まとまった時間がない、なるべく手軽に売却したいという方は宅配買取を利用することも可能です。

毎月査定額がアップする商品がピックアップされているので、自分の売りたい楽器がキャンペーンの対象になるまで待ってから売るのも一つの手段です。

楽器買取アローズ

https://music-arrows.com/

楽器買取アローズ

査定の正確さに自信があるのが『楽器買取アローズ』です。

市場の動向やトレンドなどをしっかりチェックしているので、人気の高い定番の商品だけでなく最近流行りの楽器などもきちんと査定して買い取りしてくれます。

買取の取扱点数も多く、ピアノなどの大型のものでも出張買取にて依頼して買取してもらうことが出来ます。

奏屋(かなでや)

https://kanadeya-kaitori.com/

『奏屋(かなでや)』も店舗買取、宅配買取、出張買取の3つから選べる楽器の買取業者です。

楽器にとにかく詳しい専門スタッフが査定してくれるため、スピーディな買取対応をしてくれます

様々な楽器の買取相場を見て価格を決めるのはもちろん、高額査定の交渉まで歓迎しています。

楽器とその持ち主の気持ちを大切に考えているため、安心して売却できます。

もしもキャンセルしたい場合でも返送料・査定料無料で返却してもらえるのも嬉しいポイントですね。

破損している、音が出ない楽器の買取はOK?

壊れてしまってる楽器でもショップによっては買取可能となっています。

ジャンク品という扱いで査定額自体は落ちてしまいますがそのまま廃棄してしまうぐらいなら売ってしまったほうがお得です。

ジャンク品は綺麗なパーツを組み合わせてリサイクルに利用されたり、修理品のパーツに使用されたりします。

また『ギブソン』のギターなどのヴィンテージモデルでしたらコレクションとしての価値がありますので、演奏出来なくても高値がつくものもあります。

コレクターの中には収集のみが目的で演奏はしないという方も多くいるので、そうした人たちにとっては故障品であっても購入する価値があるのです。

買取可能かは破損の状態にもよりますので、一度買取業者へ相談してみましょう。

マイナーな楽器も売れるの?

マイナーな楽器

民族楽器などに分類されるマイナーな楽器類でも楽器専門店であれば買取しているところもあります。

総合リユースのお店などでは取扱出来ない場合もありますので、買取業者に直接相談するか、ホームページに記載されている情報を見て引き取ってくれるか確認しましょう。

査定額は予想し辛いですので納得できなければ返却してもらえる方法で査定してもらうのをオススメします。

楽器の買取専門店を利用した体験談

電子ピアノを売却

電子ピアノを売りました。買取価格は3000円程度だったと思います。

自家用車に乗せて自宅から運び、大きいサイズだったので荷物を乗せるカートを借りて、窓口まで運びました。

買取までのスピードは、30分程度だったと思います。店内の商品を見ながら待てます。

お金に困っていたので助かりました

就職して間もない頃、給料も少なかったため、お金に困り学生時代愛用していたエレキギターを売りました。

買取価格は2万3千円、買取方法は傷がないかチェックし音が出ること、ギターのネックに反りがないか確認したようでした。

店員の応対は、いたって普通でした。値上げ交渉はしてみたが、応じてもらえませんでした。

リサイクルショップに売らずによかった

ギターの買い替えの為、リサイクルショップに売るか楽器屋を検討しどちらにも見積もりを取ってもらったところ、楽器屋の方が遥かに高値で買い取り提示してもらえました。

友人はすぐお金が欲しい為近くのリサイクルショップで売ったが、後でネット買い取り価格を見ていると金額が全然違い愕然としていました。

楽器屋の方が専門店として正当な評価をしてもらえるという店で、ある程度知名度もありコンディションの良いギターは楽器屋で売却した方がいいと思いました。

楽器店に依頼する

楽器店に依頼する

『島村楽器』や『ロックイン』などの楽器店に買取を依頼する方法を紹介します。

楽器店での買取は以下の2つの方法があります。

  1. 店頭買取してもらう
  2. 委託販売する

店頭買取してもらう

『店頭買取』は楽器店に直接売りたい楽器を持ち込んで買取してもらう方法です。

基本的には即日査定、即日現金化出来ますので、ギター1本のみなど持ち運びが比較的簡単で近所に楽器店がある場合は手軽な売却方法と言えます。

店員と直接話せるので、査定額の出し方や評価ポイントなどを詳しく説明してもらう事ができます。

また、実際に店舗を構えているという時点で比較的安心して売ることが出来るのも大きな特徴です。

委託販売する

他の品物にはない珍しい売却方法として『楽器店での委託販売』があります。

これは楽器店に売りたい楽器を預け、販売を委託するという形態です。

時間はかかりますがなるべく高値で売却したい方や、自分のコレクションを店頭で販売した時の反応などを見てみたい方にオススメです。

できるだけ同じ趣味の人、価値のわかる人に見てもらい、買ってもらいたい!という意思がある方に適した売却方法となっています。

業者が仲介に入るので、売り手、買い手ともに安心出来て個人間取引に比べて大幅にリスクダウンするのもメリットとなっています。

リサイクルショップで売る

総合リサイクルショップでも楽器の買い取りを行っている業者があります。

民族楽器などコアなものは扱わない店舗も多いですが、ギターなどのメジャーアイテムなら大体買取OKのお店が多いです。

楽器専門店に比べると査定額が安定しませんので、できるだけ高く売りたいという方は専門店への売却の方が良いでしょう。

引っ越しや断捨離などで楽器以外にも様々なものを売却したい時は、一つのお店で一気に買取が終わるのでオススメの手段です。

買取アイテム数によって査定額が上がるお店などもあるのでお店のサービスや特典をしっかりチェックしてから売却しましょう。

知り合いや友人に売る

同じ趣味の知人や楽器を始めたい友人などに譲ってしまうのも一つの手段です。

もしも売却する場合は買取相場と中古販売価格の間の金額を取るのが相場とされていますが、友人や知人との関係などによって変わってきます。

仲の良い友だちにならプレゼントしてしまうという人も少なくないですね。

信頼できる売却先ではありますが、金額やその後の処遇などで後々トラブルにならないように細心の注意が必要です。

高値で売れる楽器の条件

高値で売れる楽器の条件

高値で買取してもらえる楽器の条件についてまとめてみましたので参考にして下さい。

  1. ビンテージもの・レア物
  2. 有名人のサイン入り

ビンテージもの・レア物

ビンテージもの・レア物

主にギターですが1970年台~1980年台に製造された『ヴィンテージギター』と呼ばれるアイテムは高額買取の対象となっています。

ビンテージギターは収集家も多いですので演奏が出来ないなどのジャンク品扱いであっても高値買取が期待できるでしょう。

『フェンダー スラストキャスター』などは美品であれば20万円超えでの取引実績もあります。

『フェンダー テレキャスター・シンライン』も平均して20万円~30万円という高額査定がつけられています。

椎名林檎や桜井和寿などが愛用していることで有名な『ギブソン レスポール』であれば60万円以上の価格がついた事例もあります。

いずれも年代、コンディションなどで価格は左右されますが、買取業者によってはこれらの人気アイテムでも10万円台という価格がつけられてしまうこともありますので、レアギターなどは複数の業者で見積もりを貰い比較することが重要です。

有名人のサイン入り

有名人のサイン入りのアイテムだと楽器の元の価値に関わらず高値がつくことがあります。

アーティストとして有名な方のサインですと楽器店でも高値買取の対象になりますが、声優やアイドルなどのサインでコレクション要素の方が高い場合はオークションサイト等に出品する方が思わぬ高値になったりもします。

楽器自体の相場やサインした有名人の人気など様々要素を調査して売り損をしないようにしましょう。

楽器を高く売る3つのコツ

楽器を出来るだけ高く買い取ってもらうための3つのコツを紹介します。

楽器を高く売る3つのコツ

  1. 人気モデルを早めに売る
  2. 楽器の付属品を揃えておく
  3. メンテナンス、整備しておく

人気モデルを早めに売る

楽器もどんどん新しい商品が出てきますので、一部のヴィンテージモデルを覗いては早く売却すればするほど高値で売れると言っていいでしょう。

人気のあるメジャーなモデルだと高値で買い取ってもらえますので買取業者サイトなどにある価格を参考にしてみて下さい。

サイトに載せている『買取強化』や『高価買取』のアイテムはまさに売り時ですので、価値が落ちてしまう前に売却を検討しましょう。

楽器の付属品を揃えておく

楽器本体と一緒に付属品も揃えて売ると買取価格がアップします。

アンプやエフェクターといった機材から、ケース、ピックなどのアイテム、楽器の説明書や保証書なども揃っていると尚良いでしょう。

購入する際は売却時のことも考えて、これらのアイテムも大切に保管しておくことが重要になってきます。

メンテナンス、整備しておく

楽器は新品に近い状態、良いコンディションであるほど買取価格は良くなります。

管楽器などのメッキは専用のクロスでお手入れするだけでかなり見栄えが変わりますので、きちんとクリーニングしてから売却することをオススメします。

キーの動作確認や、サビつき防止のオイルをさすことも効果的ですが、間違った方法でお手入れするとかえって状態が悪化してしまいますので、メンテナンスは出来る範囲のみに留めるようにしましょう

楽器に値段がつかない。どうしても売れない場合の対処法

楽器に値段がつかない場合

もともとが安価な楽器であったり、コンディションによっては買取拒否や値段が全くつかないものも存在します。

そういった場合は以下のような選択肢があります。

  1. 地元の掲示板などで無料でもらってもらう人を探す
  2. 粗大ごみとして出す
  3. 寄付する

地元の掲示板などで無料でもらってもらう人を探す

『ジモティー』などの掲示板で、貰い手を募集する方法です。

まだ使えるものを捨てるのは勿体無い、といった場合に利用できます。

あげるぐらいの気持ちで募集するのがベストですが、500円~1000円程度の金額はつけられるかもしれません。

ジャンク品でも修理パーツ等で探している人も居るので載せてみるだけ損は無いでしょう

粗大ごみとして出す

自治体の粗大ゴミとして処分してしまう方法です。

スピーカー、アンプなどでしたら400円~500円程度、オルガンや電子ピアノなど大型のものでしたら2000円ほどで処分することが出来ます。

粗大ゴミは自治体ごとに料金や搬出方法が変わりますので、お住いの地域の粗大ゴミ処理の方法を調べて適切に廃棄して下さい。

寄付する

学校で使っていた『リコーダー』『カスタネット』や『鍵盤ハーモニカ』などは寄付、再利用することも可能です。

主に海外支援に使われますが、寄付を呼びかけている団体は多数ありますので、ホームページなどを検索してみて下さい。

ピアノなど大型のものは不可、落書き程度の汚れは大丈夫ですが使用できないものは不可、送料は自己負担など団体によって条件が異なりますのでよくチェックした上で申込みをしましょう。

まとめ:モノによっては高く売れる場合も。安易に処分しないで

不要になった楽器を売却する方法についてまとめました。

物によっては高値がつくこともありますので、まずは買取業者に依頼してみることをオススメします。

手軽なものでしたら宅配買取、大型のものは出張買取がオススメです。

特に楽器類は衝撃などによる損傷に対してデリケートですので、時間が取れるようなら出張買取が適していると言えるでしょう。

いらないからと安易に捨ててしまう前に、まずは一度査定に出してみてはいかがでしょうか。