PASMOとSuicaの違いは?どっちがお得?PASMOが優れている点とは

首都圏で交通系ICカードといえば「PASMO」を挙げる人が多いのではないでしょうか?

いっぽう「Suica」も人気のあるカードですね。

それぞれに特徴をもちますので、掘り下げて解説をしましょう。

PASMOの特徴・使い方まとめ。全国のICカードとの相互利用が可能

「PASMO」は首都圏で100を超える鉄道関連事業で利用可能な交通系ICカードです。

全国の交通系ICカードと相互利用が可能ですから、「Suica」とともに利便性の高さに特徴がありますね。

相互利用可能エリアを紹介しましょう。

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR西日本)
  • TOICA(JR東海)
  • ICOCA(JR西日本)
  • PiTaPa(スルッとKANSAI)
  • manaca(名古屋市交通局)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市交通局)

鉄道での利用方法を説明しましょう。

自動改札機のカードリーダーへ「PASMO」をタッチさせてください。

正常に読み取りが完了すれば、定期券区間内では「ピッ」、チャージ金額内では「ピピッ」と音がしますので、確認して改札機を通り抜ければOKです。

PASMOの種類と使い方まとめ

つづいて「PASMO」の種類を紹介します。

大人用と小児用に分かれる点を理解してください。

大人用で分類すると、4つの種類に分けられます。

  • 無記名タイプPASMO
  • 記名タイプPASMO
  • PASMO定期券
  • 一体型PASMO

無記名タイプPASMO

どなたでも利用ができます。

大人運賃のみ適用となるため、小児用の無記名タイプは存在しません。

紛失させてしまうと再発行できませんので注意してください。

記名タイプPASMO

記名された人のみ利用可能となります。

万一の紛失時には再発行が可能です。

PASMO定期券

カード券面に区間が印字され、一般的な定期券として利用可能です。

さらにチャージ機能をもち、事前のチャージで区間外利用も可能となります。

一体型PASMO

クレジットカードとの一体型PASMOを指します。

オートチャージ機能も持ち合わせていますから、利便性の高いカードです。

PASMOのメリット・デメリット

つづいてメリット・デメリットを紹介しましょう。

PASMOのメリット

まずメリットから。

  • 全国エリアで利用できる
  • スムーズにショッピングができる
  • 簡単にチャージできる
  • ポイントを貯められる

全国エリアで利用できる

基本的には首都圏における大手私鉄利用を念頭に発行されるものですが、全国の交通系ICカードと相互利用可能できますので、全国エリアで利用できる点がメリットです。

スムーズにショッピングができる

また、スムーズにショッピングができる点もメリットでしょう。

「PASMO」は交通系ICカードですが、電子マネーとしての側面も持ち合わせています。

「PASMO」に加盟する店舗であれば、カードリーダーへかざすだけで簡単にショッピングを楽しめますから小銭を用意する必要がなく、利便性の高さを体感できるはずです。

簡単にチャージできる

簡単にチャージできる点も高く評価されています。

「PASMO」を利用するためには事前のチャージが必要ですが、オートチャージ機能をもつクレジットカード一体型を選べば面倒な作業は不要です。

ちなみにチャージ方法は3種類あります。

  • 駅のチャージ機を利用した現金チャージ

駅以外にバス車内やコンビニ店内のチャージ機も利用できます。

  • オートチャージ機能が付いた一体型PASMOによるチャージ

改札機にタッチした瞬間に残額が下回っていればオートマチックにチャージがなされます。

  • 券売機を利用したクレジット決済によるチャージ

オートチャージ機能が付いた一体型PASMOであることが条件です。

ポイントを貯められる

「PASMO」のメリットとしてはポイントを貯められる点も挙げられるでしょう。

クレジットカード一体型を選べば、「PASMO」利用によるポイントをチャージすることが可能となります。

PASMOのデメリット

つづけて、デメリット面を説明しましょう。

  • モバイルで使えるPASMOが無い
  • JR利用に対するサービスが少ない

モバイルで使えるPASMOが無い

「PASMO」にはモバイル版がありません。

スマホなどのモバイル端末へ機能を付帯させられませんので、やや利便性を損ないますね。

JR利用に対するサービスが少ない

また首都圏の私鉄利用をメインに考えられているカードですから、JR利用に対するサービスが少ない部分はデメリットでしょう。

例を挙げるならば「JRのエクスプレス予約」です。

地方出張の多いサラリーマンが「PASMO」に対する不満として多く声を挙げています。

Suicaの特徴や種類、メリット・デメリットについて

「Suica」はJR東日本が発行する交通系ICカードです。

電子マネーとしての側面をもち、利便性の高さが評価されています。

特徴としては、国内ナンバーワンの普及率にあるでしょう。

おサイフケータイに対応するスマホ(携帯電話もOK)であれば、「モバイルSuica」の利用が可能です。

モバイル端末で「Suica」を利用できるとあって、多くのスマホユーザーが活用をしていますね。

もちろん「PASMO」と同じく全国の交通系ICカードと相互利用が可能です。

そのため、首都圏のみならず全国のユーザーが「Suica」を選択しています。

「Suica」の種類を紹介しましょう。

カードタイプとして3種類があります。

Suicaカード

あらかじめチャージしておけば交通系ICカードとして利用可能です。

もちろん電子マネーとしても使えます。

大人用しかありません。

My Suica(記名式Suica)

利用者登録が必要です。

記名した人以外は利用不可

万一の紛失時には再発行ができます。

大人用とこども用があります。

Suica定期券

一般的な定期券機能をもちます。

さらに事前のチャージにより区間外でも自動改札による利用が可能。

大人用とこども用があります。

また、モバイルタイプとして「モバイルSuica」があります。

アンドロイド端末とアップル端末で利用可能。

スマホで便利機能を持ち歩けるのは大きいですね。

Suicaのメリット・デメリット

つづいて、「Suica」のメリット・デメリットを説明しましょう。

Suicaのメリット

メリットとされるのは、なんといっても「モバイルSuica」の存在です。

「Suica」へのチャージは紐づけするスマホ登録のネットバンクやクレジットカードを利用できますから、簡単に済ませられます。

それから定期券も「モバイルSuica」であればスマホ利用で購入可能です。

JR線およびJRと私鉄などの組み合わせに対しての定期券購入ができます。(私鉄路線のみは不可)

定期券は新幹線やグリーン車も選べますから、万全の対応力ですね。

普及率が国内ナンバーワンの実力がうかがえます。

Suicaのデメリット

いっぽう、デメリットとされる部分も触れておきましょう。

「Suica」には乗車割引や乗車ポイントがありません。

この部分を求めるならば「PASMO」のほうがよいことになりますね。

また、電車が障害のため「運転中止」となり振替輸送が必要な場合には、「Suica」に対して振替輸送の扱いがありません。

しかし、これは非常にまれなケースですね……。

「Suica」に関しては、以下のページで詳しく説明しているので、参考にしてみて下さい。

PASMOとSuicaの違いについて

はたしてPASMOとSuicaにはどのような違いがあるのでしょうか?

対比表を掲載しますので参考にしてください。

ICカード名 PASMO Suica
事業者 パスモ JR東日本
発行数(18年9月) 3399万枚 7161万枚
支払い方式 プリペイド(前払い方式) プリペイド(前払い方式)
チャージ方法 現金・クレジットカード・ポイント 現金・クレジットカード・ポイント
ポイント還元率(クレジットカード) 基本は0.5%、東急カードなら1% ビューカードなら1.5%
乗車ポイント

および乗車割引

鉄道会社によりポイントや割引特典あり なし
加盟店でのショッピングポイント 一部であり 加盟店全体であり
(還元率0.5~1%)
加盟店舗
  • ローソン
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ビックカメラ
  • ケーズデンキ
  • ソフマップ
  • ジョーシン
  • ヨドバシカメラ
  • マツモトキヨシ
  • ウエルシア
  • サンドラッグ
  • ココカラファイン
  • ツルハドラッグ
  • セイムス
  • スギ薬局
  • 松屋
  • すき家
  • 吉野家
  • てんや
  • ガスト
  • ロイヤルホスト
  • ジョナサン
  • ココス
  • バーミヤン
  • かっぱ寿司
  • ドトール
  • タリーズ
  • サンマルク
  • コメダ珈琲
  • コージーコーナー
  • ミスタードーナツ
  • マクドナルド
  • ケンタッキー
  • モスバーガー
  • ローソン
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • アキュア
  • キオスク
  • デイリーヤマザキ
  • 日本コカ・コーラ
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ソフマップ
  • ウエルシア
  • クスリのアオキ
  • ココカラファイン
  • サンドラッグ
  • スギ薬局
  • セイムス
  • マツモトキヨシ
  • オリックスレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • 快活クラブ
  • エッソ
  • モービル
  • ゼネラル
  • タイムス
  • ヤマト運輸
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • グルメシティ
  • ドン・キホーテ
特徴
  • 首都圏におけるほとんどの私鉄で利用可能
  • 相互利用により全国で使える
  • 駅コンビニでの利便性が高
  • クレジットカードと紐づけすればポイント還元あり
  • オートチャージができる
  • モバイルSuicaにより「スマホひとつ」で交通系ICカード機能を使える
  • 交通系ICカードとしてナンバーワンの普及率
  • ビュー・スイカカードとの連携で還元率1.5%を実現
  • オートチャージができる

PASMOをお得に利用できるおすすめの使い方について

「PASMO」でお得を実現するには、クレジットカードによるチャージが鉄則です。

とくにオートチャージ対応カードは使い勝手がよいですね。

さらに、ショッピングポイント特典も注目したいポイントとなります。

小耳情報として、東京メトロのメトロポイントはお得がいっぱい!

乗車ポイントによる還元率が高くおすすめですよ。

デイリーポイントとして1日あたり3ポイントのゲット。

ホリデーポイント(土日祝日利用)ならばプラス4ポイントのゲット。

ボーナスポイントは一ヵ月に10回乗車ごとに10ポイントのゲット。

そのほかにも鉄道会社ごとの特典がありますから、積極的に活用したいですね。

ここで、「PASMO」におすすめの紐づけクレジットカードを紹介しましょう。

小田急ポイントカード

オートチャージ機能があり、設定金額で自動的にクレジット決済によるチャージをおこなってくれます。

このカードはお得度が大きいですよ。

公共料金などの支払いに利用すればクレジット利用ポイントが200円につき1ポイント貯まります。

また、「PASMOオートチャージサービス」により、チャージ分1000円に対して5ポイントが貯まります。

小田急百貨店で買い物をすると、さらにポイントゲット率が高まるのです。

年間ショッピング額が10万円未満で5%のショッピングポイントですが、10万円~50万円未満で7%、50万円~80万円で8%、80万円以上で10%となります。

小田急ポイントは加盟店で利用可能です。

1ポイント=1円で利用できますからお得ですね。

Suicaをお得に利用できるおすすめの使い方について

「Suica」も「PASMO」と同様にクレジットカードとの紐付けが大切です。

さらに利便性を追求するならば、「モバイルSuica」を選択してください。

電車など公共交通機関を利用する際には、ふだんから使っているスマホが切符や定期券に早変わりです。

プリペイド(前払い方式)ながらスマホと連動させておけばチャージも簡単。

紐付けクレジットカードを呼び出して指図をしてください。

一瞬でチャージを終えることができますよ。

オートチャージ機能を設定しておけばさらに簡単です。

設定した「Suica残高」を下回った瞬間にチャージがなされ、残高不足により改札口で止められることはありません。

また、「Suica」に対応する店舗では積極的にショッピングを楽しみましょう。

電子マネーとしての使い方となりますから、仕組みはお分かりですね。

レジにて「Suicaで」と伝えて、カードリーダーにタッチすればOK。

おすすめの紐付けクレジットカードを「2種類+1」紹介しましょう。

  • ANA VISAカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCBカード
  • ビュー・スイカカード

ANA VISAカード

まずひとつは「ANA VISA」カードです。

特徴は「ANAカード」と「Suica」の機能がひとつになっている点ですね。

これにより、飛行機から電車まで1枚で対応できます。

もちろんオートチャージにも対応していますから利便性の点で満点でしょう。

「ANAカード」の魅力といえば「マイル」にあるといっても過言ではありません。

電車利用やショッピング利用でも貯まるポイントを「マイル」に換えられます。

つまり、ふだん電車利用やショッピング利用しかしない人も「マイル」を貯めて「空の旅」を実現させられるのです。

なんだかワクワクしませんか?

ANA To Me CARD PASMO JCB

ちなみに、「ANAカード」は「JCB」との組み合わせにより「PASMO」ともコンビネーションをもちます。

「ANA To Me CARD PASMO JCB」が該当するのですが、こちらは通称「ソラチカカード」とよばれており、「PASMO」へのオートチャージ機能をもちながら「マイル」を貯められるものです。

こちらも魅力あるカードですね……。

話を「Suica」にもどしましょう。

ビュー・スイカカード

もうひとつおすすめとなるのが「ビュー・スイカ」カードです。

JR東日本グループ会社となる株式会社ビューカードが発行しております。

こちらのカードは「Suica」の機能をもちつつ「JREポイント」によるお得度が大きいカードです。

しかも「ビュー・スイカ」カードには本体に定期券機能をつけられます。

これにより「モバイルSuica」にしなくても1枚でいろいろな機能を堪能できますね。

ちなみに、「ビュー・スイカ」カード利用によるポイントを「ビューサンクスポイント」とよび、その還元率は1000円につき2ポイント(5円相当)となります。

割合で示すと0.5%ですが、チャージ時や定期券購入の場合には還元率が3倍になり1.5%を実現させます。

これを「VIEWプラス」と銘打っており、お得度が大きくアップしますね。

しっかりと理解しましょう。

まとめ:乗車ポイントを貯めならPASMOが、ANAマイルを貯めるならSuicaがおすすめ

さいごに、「PASMO」と「Suica」のおすすめ条件を示しておきます。

 PASMOをおすすめできる人

  • 関東にお住まいで、私鉄をよく利用する
  • 乗車ポイントに魅力を感じる
  • 小田急をよく利用する

Suicaをおすすめできる人

  • スマホに交通系ICカード機能をとりこみたい
  • とにかくお得度を優先させたい
  • 家電が大好きでビックカメラをよく利用する
  • ANAマイルを貯めたい

参考になさってください。