PPCアフィリエイトで稼ぐ秘訣|早く報酬が欲しい人へ

PPCアフィリエイトで稼ぐコツ

アフィリエイトには様々な方法がありますが、自らネット上に広告を出して、アクセスを誘導するPPC広告もひとつの手法です。

広告収入をもらうアフィリエイトにおいて、自分も広告を出すという点にピンと来ない方もいるかもしれませんが、すでに10年以上前から実施されている手法なのです。

 

PPCアフィリエイトとは?

PPCアフィリエイトとは

PPCアフィリエイトのPPCとは、Pay Per Clickの略で、GoogleやYahoo!にクリック課金型の広告を出して行うアフィリエイトの手法です。

検索結果表示画面の上段3~5件は、自然に上位表示している検索結果ではなく、お金で広告枠を買っている人が出している広告なのです。

 

広告を出すときは、たとえば「青汁 ランキング」、「美白 化粧水」などのように具体的なキーワードを指定します。

そうすると検索結果の画面に広告が掲載されるので、その商品に関心をもっている人にアプローチすることが可能です。

ただし、クリックした先のページで訪問者が必ず商品を購入するわけではありませんし、初めから商品を買うつもりのない人もクリックすることがあるため、ムダな広告費も発生します。

 

従ってPPCアフィリエイトではかけた分の広告費を上回るアフィリエイト報酬を得ることができなければ、赤字に終わるリスクはあります。

しかし、うまくいけばSEOアフィリエイトでは上位表示が難しい難関キーワードでも利益をあげることができます。

 

アフィリエイト初心者にはややハードルが高いですが、SEOアフィリエイトに慣れた人なら挑戦する価値は十分にあるといえるでしょう。

 

PPCアフィリエイト4つのメリット

PPCアフィリエイトにはいろいろなメリットがありますが、主なものを挙げれば以下の4つです。

  1. 最短即日報酬ゲット。結果が出るのが早い
  2. サイト・ページ制作が簡単
  3. 狙うキーワードをコントロールしやすい
  4. 成約率を高める感覚と習慣が身につく

 

最短即日報酬ゲット。結果が出るのが早い

PPCアフィリエイトは結果が出るのが早い

PPCアフィリエイトなら、広告を出せば検索結果の1ページ目に、その日から自分のサイトを掲載することが可能です。

これが最大のメリットと言っても良いでしょう。

SEOアフィリエイトで検索結果の1ページ目に自分のサイトを表示させることは、ライバルが多いキーワードでは非常に難しいです。

仮に可能であっても、少なくとも3カ月~半年程度は必要です。

そのため、うまくいけば広告を掲載したその日から報酬を得られることもあります。

 

サイトの作りが良ければ、そのキーワードが稼げるキーワードなのかどうかの判断が早くできるというメリットもあります。

PPC広告を出してそのキーワードのキャパシティを把握し、それからSEOでじっくり時間をかけて順位を上げるという使い方もできます。

 

サイト・ページ制作が簡単

PPCアフィリエイトはサイト・ページ制作が簡単

SEOアフィリエイトの場合、狙ったキーワードで自分の記事を上位表示させるためには、複数のページで構成されるサイトを作ることが必要です。

以前は1ページのみのサイトでもやり方次第で上位表示することができましたが、今は検索エンジンが進化したため困難になりました。

しかしPPCアフィリエイトなら1ページだけのサイトでも広告を出すことができるので、制作するのが簡単です。

訪問者のニーズを満たすことは、1ページだけで達成できることも多くあります。

そのため、購買意欲の高い人が使うキーワードで広告を出せば、1ページだけのサイトでも報酬を得ることが可能なのです。

 

狙うキーワードをコントロールしやすい

PPCアフィリエイトは狙うキーワードをコントロールしやすい

報酬を得る目的で作ったページの内容は同じであっても、それに適したキーワードは複数の候補が考えられることが多いです。

 

たとえば、ある商品の口コミを掲載したページについての広告を出す場合、「○○(商品名) 口コミ」のほか、「○○ 評判」「○○ 評価」などのキーワードが考えられます。

最初に「○○ 口コミ」で広告を出して反応が悪かった場合、これを「○○ 評判」に変えてみるのはPPCアフィリエイトなら簡単です。

 

しかし、SEOアフィリエイトの場合はGoogleのアルゴリズムに依存しているので、自分の思うように検索順位をコントロールできないことが多いです。

仮に「○○ 口コミ」で上位表示されていても、記事のタイトルを「○○の口コミ」から「○○の評判」に変えたことで、大きく順位が下落することがあるからです。

しかし、PPCならそういう問題は生じません。そのため、試行錯誤することによってそのページに合った最適なキーワードを見つけ出すことが可能です。

 

成約率を高める感覚と習慣が身につく

PPCアフィリエイトは成約率を高める感覚と習慣が身につく

PPCアフィリエイトでの成果は、ページ内のアフィリエイトリンクをクリックする割合(クリック率)や広告の配置などによって変わります。

そのため、報酬を伸ばすためには複数のパターンでの広告テスト(ABテスト)を行い、1つ1つの要素についてどちらが良いか判断をすることが大事です。

しかし、ABテストを行って結果を判断するにはある程度の時間が必要なうえ、アクセスがあるということが大前提になります。

 

SEOアフィリエイトの場合、検索順位が変動するのでテスト中に順位が大きく変わることもあり、適切に比較することができないことがあります。

しかし、PPC広告ならそうした問題は生じないため、短期間でABテストを行ってその違いを知ることができます。

そのため、ページ内のわずかな修正で成約率に差が出ることが実感でき、成約率を高めることを意識したサイト制作が習慣化される効果が期待できます。

 

PPCアフィリエイト4つのデメリット

PPCアフィリエイトにはさまざまなメリットがあることを説明してきましたが、デメリットもあります。

メリットを活かすためにはデメリットについてもよく理解しておくことが大事です。以下で4点を指摘しておきますので、参考にしてください。

  1. 出費の負担が大きく、精神的なハードルも高い
  2. 出稿先の規約変更に左右されやすい
  3. 出稿を止めると収入がなくなる
  4. 順位を買う=結局は資金力の勝負になりやすい

 

出費の負担が大きく、精神的なハードルも高い

PPCアフィリエイトは出費の負担が大きく、精神的なハードルも高い

アクセスのあるキーワードで広告を出すと、短時間でたくさんクリックされることがあります。

支払額がどんどん増えるので、慣れないうちは負担に感じるはずです。

そのため、PPCアフィリエイトを始める前に、資金面で余裕のないうちは精神的なハードルが高いことを知っておきましょう。

初めて広告を出すときは、なるべく単価の安いキーワードから始めるのがおすすめです。

 

出稿先の規約変更に左右されやすい

PPCの規約変更

PPC広告を出す場合は、出稿先の規約にしたがう必要があります。

たとえば、広告に誇大な表現その他ユーザーの誤解を招く表現を使用することは禁止されています。

また、ユーザーにとって有用性が低いコンテンツや、正確性・信頼性の欠けるコンテンツが掲載されたページについて広告を出稿することも禁止されています。

この規約は変更されることがあり、一定の期間内に同意しないとアカウントが停止されてしまいます。

規約が変更されれば、広告で使用する言葉や記事の内容を見直す必要性が生じることがあるので、規約の変更には気をつける必要があります。

 

出稿を止めると収入がなくなる

PPCアフィリエイトは出稿を止めると収入がなくなる

PPC広告は言うまでもなく、出稿をやめれば自分のサイトへの訪問者がいなくなるため収入もなくなることになります。

そのため、PPCアフィリエイトのみで稼ぐ場合は常に広告を出し続けることが必要です。

 

結局は資金力の勝負になりやすい

PPCアフィリエイトは結局は資金力の勝負になりやすい

PPC広告のキーワードごとの単価は一定ではなく、そのキーワードの競争度で大きく変わります。

言うまでもなく、稼げるキーワードは人気があるので単価も高くなります。

キーワードによっては1回のクリックで数千円になることもあるので、最終的には資金力の勝負になってしまう点がデメリットです。

ただし、あまり知られていないけれど稼げるキーワードというのも存在します。

こうしたキーワードは安い単価で広告が出せるので、キーワード選びのセンスがあればコスパの良い利用が可能です。

 

PPCアフィリエイトに相性がよいジャンル。どういう案件を選ぶか?

PPCアフィリエイトに向く案件

PPCアフィリエイトを行ううえで相性の良いジャンルの条件は、まず単価が高い案件です。

目安としては1件あたり最低5000円以上の報酬が得られることです。

広告費を回収するためにはこのくらいの報酬が得られないと、黒字化するのは難しいでしょう。

 

また、報酬が発生する条件(成果地点といいます)がゆるいものがおすすめです。

たとえば健康食品のトライアル、転職サイトなどの無料会員登録、中古車の査定案件などです。

これらはユーザーにとって費用負担がなく申込みのハードルが低いので、報酬が発生しやすいからです。

以上の点はSEOアフィリエイトでも同様ですが、PPCアフィリエイトではよりシビアな成果が求められるので、案件選びはより一層、慎重に行う必要があります

 

初めてやるなら、Yahooスポンサードサーチがおすすめ

PPCアフィリエイトはYahooスポンサードサーチがおすすめ

PPC広告を出稿するためのメジャーな方法は、Yahoo!スポンサードサーチとGoogle AdWordsです。

審査のスピードや広告の最低単価などに大きな違いはありませんが、PPC広告が初めてなら、広告文を作成するうえで比較的制約が少ないYahoo!スポンサードサーチがおすすめです。

 

PPC広告を出稿するときはまず、少額でいろいろなキーワードを試してみることがおすすめです。

検索ボリュームや購買意欲がキーワードによって違うのは想像がつくでしょうが、実際にやってみると予想と大きく違うということもあります。

そのため、実際に広告を出して確かめ、感覚がつかめたら他の同種案件で横展開したり、他のジャンルで活かしたりすれば良いでしょう。

 

また、PPC広告を出稿することで稼げるキーワードがわかったら、そのキーワードをSEOで上位表示させることができれば広告費なしで稼ぐことができます。

SEOで上位表示させるのは時間も手間もかかるので、稼げるとわかってからSEOに取り組むことには合理性があります。

 

まとめ:資金的な問題をクリアできれば、メリットは大きい

PPCアフィリエイトを始めるうえでネックになるのは、やはり広告費です。

慣れないうちは稼げるキーワードの傾向がわからないので、広告費をかけてもまったく報酬が得られないことがあります。

 

しかし、最初のうちは投資だと考え、回収できない前提で取り組んでいくうちに、少しずつどういうキーワードが稼げるのかが見えてくるはずです。

PPCアフィリエイトはうまくいくとメリットが大きいので、最初から結果が出るのを当たり前と考えないほうが良いです。

試行錯誤を繰り返しながら、無理のない範囲でコツコツと取り組んでみるのがいいですよ!