スマホの電子マネー多すぎ!結局どれがお得?おすすめ2種類を比較してみた

話題のPayPayや楽天Edy、Google Payなど、現在は様々な電子マネーが存在しています。

これだけ種類が多いと、「スマホ電子マネーを使ってみたいけれど、どれを選んだらいいか分からない」と悩んでしまいますよね。

電子マネーといっても、使ってもポイントが付かないものから、還元率が高いものまで存在します。

せっかく電子マネーを使うなら、お得なほうがいいですよね。

電子マネーによってお得度が違うので、自分に合った一番お得な電子マネーを選びましょう。

この記事では、特におすすめの電子マネー2種類をご紹介します。

楽天Edy:貯めたいポイントを選べるのが魅力

お得度は低くてもいいから、とにかく楽にスマホ電子マネーを使いたいという方におすすめなのが楽天Edyです。

楽天Edyならスマホをタッチするだけで簡単に支払いが完了します。

交通系電子マネーのSuicaやPASMOも簡単に使用することができますが、どちらも電子マネーでの支払いでポイントが付きません。

っかく電子マネーで支払うならポイントが付いた方がおですよね。

楽天Edyでは、楽天スーパーポイント、ANAマイル、Ponta、Tポイントなど貯めるポイントを複数から選ぶことができるのも魅力です。

楽天Edyではポイントがもらえる様々なキャンペーンを行っているので、お得にポイントを貯めることもできます。

利用にお金はかからないので、気軽に始められますよ。

楽天Edyの使い方

楽天Edyをスマホで使用するためには、楽天Edyのアプリをダウンロードする必要があります。

ダウンロード後にポイント設定(どのポイントを貯めるかを設定する)をし、チャージをするだけで使い始めることができます。

お店で使うときには「Edyで支払います」と言えば問題なく利用できますよ。

複雑な設定の必要ないので、気軽にスマホ電子マネーを使いたい方にぴったりです。

楽天Edyは、おサイフケータイ(FeliCa搭載)のAndroidスマホのみで使用でき、iPhone端末単体では利用ができません。

どうしてもiPhoneで楽天Edyを利用したい場合は、「Edy楽天ポイントカード」か「Edy機能付き楽天カード」とパソリという機械を使えばiPhoneでも楽天Edyを使うことができます。

楽天Edyの還元率

楽天Edyの支払い200円で1ポイントが付くので、支払いでの還元率は0.5%です。

楽天Edyのチャージに楽天カード(クレジットカード)を使うと0.5%還元されるので合計還元率は1%になります。

通常楽天カードを利用すると100円で1ポイントもらえるので還元率は1%ですが、楽天Edyにチャージする場合には還元率が0.5%になります。

楽天カードは年会費無料なので、作っておいても無駄にはなりませんよ。 

チャージ方法

チャージ方法が、クレジットカード、現金、楽天スーパーポイント、楽天ID、銀行口座振替、銀行アプリから選ぶことができます。

楽天Edyでは楽天カードの他にも様々なクレジットカードをチャージに利用できますが、合計還元率1%にするのであればチャージには楽天カード(クレジットカード)を利用しましょう。

1回のチャージ金額上限は25,000円で、1台のおサイフケータイには最大50,000円までチャージできます。

設定金額以下になると自動的にチャージされるオートチャージも設定できるので、毎回チャージするのが面倒な場合はあらかじめチャージ方法と金額を設定しておくといいですね。

利用上限金額

1日あたりの利用回数に制限はありませんが、1台のおサイフケータイにチャージできる金額が最大50,000円なので、利用上限金額は50,000円になります。

1回のチャージ金額の上限は25,000円なので、1度に50,000円をチャージすることはできないので注意しましょう。 

楽天Edyを使える場所

楽天Edyは、たくさんあるスマホ電子マネーの中でも使える店が多いので、電子マネー初心者の方でも使いやすいです。

コンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストアなど全国50万以上の加盟店で使用することができるので、「試しにコンビニで使ってみよう」というのも良いですね。

楽天Edyを使うのがおすすめの人

楽天Edyは次のような人におすすめです。

  • 煩わしい手続きなく気軽に電子マネーを使いたい人
  • 電子マネーで楽天スーパーポイント以外のポイントも貯めたい人
  • 還元率をあまり重要視しない人
  • Androidスマホの人

還元率が高い電子マネーは使い方が分かりにくいので、電子マネー初心者や簡単に電子マネーを使ってポイントも貯めたい人におすすめですよ。

楽天ペイとKyashの組み合わせで還元率3.5%!クレジットカード併用で更にお得に

スマホ電子マネーで最強なのが、「楽天ペイ」と「Kyash」の組み合わせです。

この2つと還元率1%のクレジットカードを利用することで、合計還元率が3.5%となります。

「お得にスマホ電子マネーを使いたい!」という人にとてもおすすめです。

楽天ペイもKyashもiPhone、Androidのスマホで利用できますよ。

楽天ペイは、スマホだけでクレジットカードの支払いができたり、お金を送金できるアプリです。

クレジットカードを使うよりも楽天ポイントが貯まりやすいので注目の電子マネーです。

同じようなサービスにPayPay、Google pay などがあり、支払いの時にコードやQR払いができます。

支払時には楽天ペイアプリを開き、バーコードやQRコードをお店で提示することで支払いが完了します。

Kyashは「バーチャルカード」を発行できる

Kyashは、Visaカードとして使えるアプリです。

事前にチャージをして利用するプリペイド式の電子マネーですが、オートチャージ設定をすることでチャージしていなくても支払いすることもできます。

例えば、Kyashの残額が0の状態で、5,000円の買い物をした場合、5,000円分を登録している決済用クレジットカードからオートチャージしてくれるので、自動的に支払いが完了します。

Kyashの登録には本人確認などがなく、メールアドレスと携帯電話番号だけでKyashの「バーチャルカード」を発行できるのが魅力です。

年会費や手数料は無料で、支払い金額の2%をキャッシュバックしてくれるとってもお得な電子マネーです。

アプリ内で発行できる「バーチャルカード」の1回の利用限度額は3万円です。

楽天ペイ×Kyashを利用したお得な使い方

楽天ペイで支払いをした場合、200円で1楽天スーパーポイントをもらうことができます(還元率は0.5%)。

この楽天ペイの決済カード(クレジットカード)を2%キャッシュバックのKyashにすることで、この時点で還元率が2.5%になります。

さらに、Kyashへチャージするクレジットカードを還元率1%以上のものに設定すれば、合計還元率が3.5%になるのです。

還元率3.5%の簡単な内訳を分かりやすく書くと、

「(楽天ペイ支払い0.5%)+(Kyashキャッシュバック2%)+(還元率1%のクレジットカード)=3.5%

となります。

とってもお得ですね。

楽天ペイ×Kyashで還元率3.5%にする手順

楽天ペイとKyashで還元率3.5%にするための手順をご紹介します。

まずは、次の3つの準備をしましょう。

  1. 楽天ペイアプリをインストールする
  2. Kyashアプリをインストールする
  3. 還元率が1%のクレジットカードを用意する

この時に使用できるのは、VISA、MaterCardのクレジットカードのみです。

楽天スーパーポイントを効率よく貯めるなら、還元率1%の楽天カードがおすすめです。

もちろん、還元率1%以上のクレジットカードでもこの方法を使うことが出来ます。

次に、還元率3.5%になるように楽天ペイ、Kyash、クレジットカードを設定します。

  1. Kyashのチャージ用クレジットカードを還元率1%の楽天カードなどに設定する
  2. 楽天ペイの決済カードをKyashに設定する

これで、楽天ペイを利用すれば還元率3.5%の仕組み作りが完了します。

PayPayも以前はKyashを決済カードとして登録できたのですが、現在は利用ができないので、「楽天ペイ+Kyash+還元率1%のクレジットカード」の組み合わせが最強です。

楽天ペイ×Kyashの利用上限金額

楽天ペイ自体の利用上限金額は1回あたり最大50万円ですが、Kyashの1回の利用限度額は3万円(バーチャルカードの場合)なので、還元率3.5%で利用するためにはKyashの利用限度額を基準に考える必要があります。

Kyashでの1回の支払いでの上限金額は3万円です。

Kyashでリアルカードを作成している場合は1回の利用限度額が5万円となるので、1回の支払いで3万円以上使いたいのであればバーチャルカードだけでなく、リアルカードも発行しておくといいですね。

Kyashの利用限度額は?

Kyashの利用限度額をまとめました。

バーチャルカード
  • 1回の利用限度額:3万円以下
  • 24時間の利用限度額:3万円以下
  • 1カ月の利用限度額:12万円まで
リアルカード有効化済み
  • 1回の利用限度額:5万円以下
  • 24時間の利用限度額:5万円以下
  • 1カ月の利用限度額:12万円まで

リアルカードを発行することで1回あたり、24時間あたりの利用限度額は増えるものの、1か月の利用限度額はバーチャルカードと同じ12万円までなので注意しておきましょう。

「楽天ペイ×Kyash」を使うのがおすすめの人

「楽天ペイ×Kyash」は次のような人におすすめです。

  • とにかく還元率が高い方法で電子マネーを利用したい
  • 楽天スーパーポイントをためている人
  • 複数のアプリを管理するのに慣れている人

お得なお金の使い方をしたい人は、ぜひ楽天ペイ×Kyashの組み合わせを試してみてくださいね。

まとめ:目的に合わせてお得なスマホ電子マネーを選ぼう

高還元率でとてもお得な「楽天ペイ×Kyash」と楽天Edyをご紹介しました。

「楽天ペイ×Kyash」は還元率3.5%にするための設定が手間ではありますが、「お得に電子マネーを使いたい!」という人にはおすすめの電子マネーです。

楽天Edyは還元率が低いものの、スマホを専用端末にタッチするだけで支払いが完了するので分かりやすいのが特徴です。

「多少手間がかかってもお得に電子マネーを使いたい人」は、楽天ペイ×Kyashを、「気軽に電子マネーを使ってみたい」という人は楽天Edyを使うのがおすすめです。