【お金を使いすぎる人必見】無駄遣いやめて貯金体質にする方法

無駄遣いやめて貯金体質にする方法

無駄遣いをしていればお金が貯まらないことくらい、誰でもわかっていることです。

しかし、無駄遣いはストレス発散にもなるため、やめたいと思ってもなかなかやめられないものです。

無駄遣いをやめるコツは、無駄遣いが「習慣」であることに気付くことです。

習慣だとわかれば努力次第でやめることができ、少しずつ貯金体質に近づくことができるでしょう。

このページでは無駄遣いをしてしまう原因をまず説明し、無駄遣いをやめて貯金体質になるためのノウハウについて紹介します。

無駄遣いする原因を知る。浪費してしまいがちなタイミングはいつ?

浪費してしまいがちなタイミングはいつ?

まず、人がつい無駄遣いをしてしまう典型的なタイミングを4つ、紹介します。

もしあなたにも当てはまるものがあれば、立ち止まって少し考えるクセをつけてみましょう。

  1. ボーナスなどまとまった収入が入った
  2. ストレスが貯まって発散したい時
  3. バーゲンやセールの時期
  4. 周囲の人に、気前の良いところを見せたい時

1.ボーナスなどまとまった収入が入った

ボーナスなどまとまった収入が入った

ボーナスなどのまとまった収入が入ったときは、無駄遣いをしてしまう最も典型的なタイミングです。

ボーナスは給料の数倍の金額になるため、つい浮かれて財布のヒモがゆるむのも仕方ないと言えます。

しかし、だからといって気軽にお金を使ってしまうことを正当化するのはよくありません。

無駄遣いをしないためには、長期的な資金計画を立てるのがおすすめです。

長期的な資金計画を立てていればボーナスも臨時収入ではなくあらかじめ計画された収入になるので、気軽にパーッと使おうという気にならないはずです。

2.ストレスが貯まって発散したい時

仕事をしていればストレスがたまるのは誰でも同じです。

ストレスを発散する手段として、好きなものを食べたり欲しかったものを買ったりするのは効果的なので、そのすべてを否定するつもりはありません。

しかし、お金を使ってストレスを発散してもその場しのぎにすぎません。

そのため、お金を使おうと思ったときはほんの少し立ち止まって、このお金を本当に使うべきか考える習慣を持ってみましょう。

3.バーゲンやセールの時期

バーゲンやセールの時期

バーゲンやセールという文字をみると、ついこの機会に買わないと損と考えてしまう人も多いでしょうが、そもそも必要のないものは買わないのが一番オトクなはずです。

特にセールだからという理由で消耗品を買い込むと一見オトクに見えるのですが、たくさん持っていると気軽に使ってしまうので、結果としてオトクにならないことが多いです。

消耗品といえども在庫は抱えすぎないようにするのが貯金体質になるうえで大事です。

4.周囲の人に、気前の良いところを見せたい時

お金を使いすぎる習慣のある人は他人に対して見栄を張り、気前の良いところを見せようとしてしまう人が多いようです。

たとえば食事をご馳走すれば、その場ではもてはやされるかもしれません。

しかし、それで人望を得られたり、いざ本当に困ったときに助けてもらえたりする保証はありません。

ケチに見られない程度で十分なので、お金を使いすぎているという自覚があるならそうした習慣は今日からやめるべきでしょう。

無駄遣い対策を取る。お金を使いすぎないための7つの方法

無駄遣い対策を取る。お金を使いすぎないための7つの方法

お金を使いすぎないようにするためには、自らの生活習慣を見直すことが大事です。

ここでは無駄遣いの習慣をなくすために効果的な7つの方法を解説します。

  1. 収入と支出、お金の出入りを明らかにする
  2. 生活費用と貯蓄用に銀行口座を分ける
  3. クレジットカードは1枚だけ、ショッピング枠は最小限に
  4. 毎月の交際費を決めて、なるべくおごらないようにする
  5. レシートや領収書は必ずもらっておく
  6. 無駄遣いで後悔した場面を覚えておくことで浪費にブレーキをかける
  7. 買い物やお金を使うこと以外にストレス解消法を見つける

1.収入と支出、お金の出入りを明らかにする

何となくお金を使いすぎているという自覚はあっても、きちんといくら使っているのかを把握しないと本当のところはわかりません。

そのため、お金が貯まらなくて悩んでいるのであれば、まずは家計簿をつけて毎月の収入と支出を把握しましょう。

お金の使いみちが明らかになれば、何にお金を使いすぎているのかがわかります。

集計してみたら意外なほどお金を使っていたという費目も出てくるでしょう。

その驚きが翌月以降の支出をセーブすることにつながるので、無駄遣いをやめたいならまずは毎月の収支を調べてみてください。

家計簿アプリを使えばものぐさな人でも家計を把握できる

家計簿アプリを使えばものぐさな人でも家計を把握できる

家計簿は紙のものだけでなく、アプリもたくさんあります。

家計簿アプリを利用すると、レシートを撮影することで自動的に入力と集計が終わるので便利です。

これなら手入力が面倒だと感じていた人でも続くかもしれません。

有名な家計簿アプリにマネーフォワードがあります。

マネーフォワード公式 https://moneyforward.com/

マネーフォワードならクレジットカードの使いみちや銀行の引き落としも自動的に集計できるので、とても便利です。

マネーフォワードは無料で利用できるので、興味があれば試してみてください。

2.生活費用と貯蓄用に銀行口座を分ける

貯蓄体質の人は、たいてい生活費の口座と貯蓄用の口座をわけています。

両者をわけておけば、貯蓄用の口座からお金を引き出したくなっても一手間かかるので、それが無駄遣いを防いでくれるのです。

特に自動積立定期を利用して、給料を受け取った時点で自動的に貯蓄用の口座に振り替えてしまうと無駄遣いがしづらくなるのでおすすめです。

3.クレジットカードは1枚だけ、ショッピング枠は最小限に

クレジットカードは1枚だけ

クレジットカードは年会費無料のものであれば、たくさん持っていても特に問題はありません。

しかし、無駄遣いを防ぐという観点からはたくさん持っていないほうが良いです。

1枚だけ残し、後は解約してしまっても良いかもしれません。

また、クレジットカードのショッピング枠は限度額を下げることができます。

クレジットカードの分割払いでつい買い物をしてしまう習慣があるのであれば、この方法はかなり効果的です。

4.毎月の交際費を決めて、なるべくおごらないようにする

友だちや同僚との付き合いは大切ですが、誘われたら毎回参加するのではなく月ごとに予算を決め、それを超えるときは断るようにしましょう。

1度や2度、断ってもそれで嫌われるわけではありません。

たとえば月末は「予算がないので」という理由でいつも断っていれば、周囲からはそういう人と認識されて自然と声がかからなくなるでしょう。付き合いは最小限におさえるのがお金を使いすぎないうえで大事です。

また、特に意味もなく他人におごるのはあまり効果がないのでやめたほうが良いです。

5.レシートや領収書は必ずもらっておく

レシートや領収書は必ずもらっておく

買い物をしたら、なるべくレシートをもらう習慣をつけましょう。

そして、ただもらうだけでなく、あとで見返してその買い物が本当に必要だったのか考えてみてください。

できれば家計簿アプリにデータを取り込んでおき、集計されたものを眺める習慣を持つようにするのがおすすめです。

これなら電車の待ち時間などのスキマ時間でもできます。

6.無駄遣いで後悔した場面を覚えておくことで浪費にブレーキをかける

無駄遣いをしてしまって後悔することは、きっと誰にでもあるはずです。

そんなときは意識して記憶にとどめておき、ときどき思い出すのがその後の無駄遣いを防ぐうえで効果的です。

7.買い物やお金を使うこと以外にストレス解消法を見つける

買い物やお金を使うこと以外にストレス解消法を見つける

好きなものを食べたり欲しいものを買ったりすることは効果的なストレス解消法ですが、それに頼ってばかりではいくらお金があっても足りません。

ストレス解消法はほかにもあります。

たとえば運動です。

運動をすれば体も健康になって一石二鳥です。

好きなものを食べるなとは言いませんが、お金がかからないストレス解消法を見つけるのも貯金体質になるためには大事です。

まとめ:習慣になれば苦痛ではない

今までやっていなかったことを新たに始めるのは面倒に感じるものです。

しかし、慣れてしまえば苦痛には感じなくなることのほうが多いです。

特に家計簿をつけるのは、数字が苦手な人にとってはかなり苦労するはずです。

毎月の収支が合わないと、何が原因で合わないのかが気になってそれ自体がストレスの原因になりかねません。

しかし、貯金体質になるためにはこのページで紹介したような方法を身につけることが大切です。

同時にすべてを実行する必要はありませんので、1つ1つ習慣化できるようにしてみてください。