一番お得なSuicaの作り方|スイカの購入・チャージ・使い方がわかる!

交通系電子マネーがあれば、通勤や通学時にたいへん便利です。

想像してください。

切符購入のわずらわしさから解放されて、改札をスイスイ通れますよ。

電車だけではなくバスも対応していますから、さまざまな交通への利便性に感動することでしょう。

この記事では、JR東日本が取り扱うSuicaを紹介します。

参考になさってください。

Suicaとは?

SuicaはJR東日本が発行する交通系電子マネーです。

プリペイド型の電子マネーであり、あらかじめチャージすることで利用可能となります。

交通系電子マネーは2013年より相互利用が可能となっており、JR東日本発行であっても全国の交通で利用が可能です。

利用可能エリアをそれぞれの交通系電子マネーとともに紹介しましょう。

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR東日本)
  • PASMO(首都圏における大手鉄道・交通事業者)
  • TOICA(JR東海)
  • ICOCA(JR西日本)
  • manaca(名古屋市交通局)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市交通局)

もちろん利用範囲は交通に限定されるものではありません。

対応店舗であればショッピングや各種サービスに利用できますから、利便性の高さを評価できますね。

Suicaの種類について

Suicaに種類があるのをご存知でしょうか?

これから作成しようと考えているならば、しっかりと学習してくださいね。

Suicaには、「カードタイプ」と「携帯情報端末タイプ」が存在します。

そのうち「カードタイプ」を分類しましょう。

My Suica

これは記名式Suicaとされるものであり、カードの表面に名前が記載されます。

My Suicaをもつメリットは、万一の紛失時にチャージ残高の補償がなされる点です。

ただし、記載された本人しか利用できませんので注意してください。

購入に際しては個人情報の登録が必要となります。

Suicaカード(無記名式)

無記名タイプは、購入本人以外であっても利用が可能です。

個人情報の登録なしに購入が可能なため、即時発行することが出来ます。

紛失時にはチャージ残高の補償を受けられませんので、注意してください。

Suica定期券

通勤や通学に利用するならば、Suica定期券の購入が便利でしょう。

JRだけではなく私鉄との組み合わせ定期券も作成できますから、利便性の高い交通系電子マネーですね。

モバイルSuica

Suicaのモバイルタイプです。

スマホなどの通信端末にSuicaを取り込むことで利用が可能となります。

アンドロイド端末ではGoogle Payを利用したモバイルSuicaとなるのですが、定期券購入などの機能に対応していません。

いっぽうiPhoneなどのアップル端末であればApple PayによるモバイルSuica利用となります。

こちらはすべての機能に対応していますので便利ですね。

Suicaの作り方について

Suicaの作り方(購入および入手方法)をそれぞれの種類に分けて紹介しましょう。

My Suica、Suica(無記名式)カード

簡単な方法はJR東日本の「多機能券売機」もしくは「みどりの窓口」で購入が可能です。

チャージ額の選択が必要であり、「1000円」「2000円」「3000円」「4000円」「5000円」「10000円」から選べばOK。

発行時に500円が保証金として必要となります。(返却時にもどってきます)

Suica定期券

「多機能券売機」「指定席券売機」「みどりの窓口」で購入が可能です。

さらにSuica定期券はインターネット購入が可能であり、PCやスマホを利用して手続きを済ませられます。(500円の保証金が必要)

インターネットサイト「ネットde定期」をひらいて、ガイドにしたがってください。

モバイルSuica 

モバイル端末で登録が可能です。

モバイルSuicaに対応した機種を利用してください。

専用アプリをダウンロードして会員登録をすればOKです。

年会費は税込み1030円ですが、「ビューカード」や「ビックカメラSuicaカード」「ルミネカード」の利用で実質無料とすることができます。

モバイルSuicaはGoogle Pay やApple Payに対応しており、年会費無料でサービスの利用が可能です。

ただし、Google Pay Suicaでは定期券の購入やグリーン券の購入、およびモバイルSuica特急券やエクスプレス予約サービスができません。

Apple Pay Suicaはこれらの利用が可能なため、iPhone7以降のモデルであればお得にモバイルSuicaを利用できますね。

Apple Pay Suicaの作り方

iPhone利用者にむけてモバイルSuicaの作り方をレクチャーしましょう。

まずアプリ(モバイルSuica)のダウンロードから始めてください。

スタート画面で「Suica発行」をタップすればOKです。

つぎにSuicaの種類を選びましょう。(記名式or無記名式or定期券)

あとはガイドにしたがえば、簡単に作れますよ。

なお、新規発行時に1000円以上のチャージが必要な点をお忘れなく。

チャージにはアップルペイを利用すればよく、登録クレジットカードによる決済がおこなわれます。

Google Pay Suicaの作り方

アンドロイド端末利用者はGoogle Payの利用でモバイルSuicaを作れます。

そのためには、Android 5.0以上のおサイフケータイが条件です。

Google Payアプリで(モバイルSuica)をダウンロードしてください。

スタート画面で「Suica発行」をタップすればOKです。

あとはSuicaの種類を選べば簡単にモバイルSuicaを導入できますよ。

お得にチャージしたい?おすすめクレジットカードについて

Suicaはプリペイド型の電子マネーです。

現金をチャージしなければ利用できません。

チャージ方法は、現金もしくはクレジットカード利用となります。

お気づきだと思いますが、ポイント還元を考えるとクレジットカードのほうがお得ですね。

しかも、Suica利用に特化したクレジットカードを利用すれば、想像以上にポイントをためることができます。

さっそくオススメとなるクレジットカードを紹介しましょう。

JR東日本系クレジットカード会社「ビューカード」

Suicaと「ビューカード」は切っても切れない存在です。

どちらもJR東日本が手がけていますから当然でしょう。

代表的な「ビューカード」系クレジットカードを紹介します。

ビックカメラSuicaカード

多くのクレジットカード専門家が推奨しています。

「ふだんビックカメラを使うことがないよ……」。

このような人でも、実質年会費無料でオートチャージが可能ですから、利用しない手はありません。

年に一度でも利用すれば年会費は無料。

Suicaへのチャージはポイント3倍となります。(実質還元率1.5%)

オートチャージ機能あり。(自動的にSuicaへチャージ)

通勤や通学でSuica利用頻度が高ければ、あっという間にポイントがたまるでしょう。

クレジットカードポイントをためるには最適な方法となりますね。

ルミネカード

ルミネは駅ビル型ショッピングセンターであり、JR東日本グループの中核的存在となります。

ルミネでのショッピング機会が多いならばぜひ選びたいカードでしょう。

その理由は値引き率の高さにあるのです。

具体的には、ルミネでのショッピング時に5%サービス、特定期間においては10%サービスとなりますから、かなりお得ですね。

注意してほしいのは、年会費がかかる点でしょう。

初年度は無料ながら、2年目以降には税抜き953円がかかります。

ショッピングサービス額から算出すると、年間にルミネで2万円以上買い物をするならば年会費を負担してもお得となりますね。

ルミネの利用頻度で判断してください。

JRE CARD

「ビューカード」が2018年に発行したのがJRE CARDです。

JR東日本系のショッピング施設(アトレ・エスパル・ラスカ・ペリエ・フェザン)で利用すれば、ショッピング額の3.5%をポイントとして獲得できます。

年会費として税抜き477円が必要ですが、さきほどの施設でのショッピング利用が多いならばSuicaチャージ利用として使えるカードとなりますね。

さらにJR東日本で通勤・通学をするならば、Suica定期券を付けたJRE CARDの発行が可能です。

できるだけ1枚のカードにまとめたい、と考えるならばJRE CARDがおすすめとなります。

Suicaへのオートチャージについて

利便性の高いSuicaですが、チャージ不足では利用できません。

改札口で不意に止められたのでは、頭にきますよね。

そこで、提携するクレジットカードにオートチャージを設定すれば、残額が決めた金額以下となった状況で自動改札機へすると、その瞬間に残額判定および自動入金がなされるものです。

つまりオートチャージ機能があれば、事前のチャージがなくても残高不足に陥ることがなく、設定額したチャージ額は翌々月の引き落としですから、いろいろと助かりますね。

一般的な方法を紹介しましょう。

決済用として、「ビューカード」系クレジットカードをご用意ください。

最寄り駅のATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」で「オートチャージ設定」を選びましょう。

つぎの画面で「Suicaのリンク」を選んでください。

画面が変わったら「リンク設定/変更」をクリックして、「ビューカード」系クレジットカードとリンクさせるSuicaを機械に挿入しましょう。

さらに「ビューカード」系クレジットカードを挿入して暗証番号を入力すればOKです。

あとはガイドにしたがってオートチャージを設定すれば完了となりますね。

Suica付きビューカードの場合には、インターネットを利用したカード申し込み時に「オートチャージサービスを利用しますか?」のチェックボックスにチェックするだけで完了です。

すでにSuica付きビューカードをお持ちの場合には、さきほどの説明と同様で駅のATM「VIEW ALTTE」を利用してオートチャージの設定をおこなってください。

モバイルSuicaの場合にはSuicaの詳細画面にあるSuica管理から「オートチャージ設定」を選びましょう。

ただし、登録クレジットカードがビューカード系でなければオートチャージの設定ができませんから注意してくださいね。

一番お得なSuicaはどれ?人気のカードを教えて!

Suicaについてさまざまな情報を紹介しました。

「ビューカード」系クレジットカードがお得となる点は理解できたでしょうか?

現在、一番人気とされるのはズバリ「ビックカメラSuicaカード」です。

さきほども説明しましたが、年1回の利用で年会費無料は大きな魅力となりますね。

オートチャージ機能がありますから、公共交通機関の利用時に利便性を体感するでしょう。

通常のチャージでJREポイントが3倍たまります。(還元率1.5%)

また、通常のお買い物や公共料金支払いに利用すれば、ビックポイントとJREポイントのダブルゲットができます。(この際の還元率は合計1%)

ビックカメラでショッピングをする際にSuica支払いをすれば、還元率10%のビックポイントが貯まり、その分をSuicaチャージ(還元率1.5%)することで、合わせて11.5%還元を実現できることとなるのです。

Suica払いの上限額は2万円となる点に注意しなければなりませんが、ビックカメラポイントとのダブルゲットはトップクラスの還元率ではないでしょうか?

まとめ:Suicaはビューカード併用でポイント大量!通勤・通学が更にお得に

Suicaは利便性の高いカードです。

モバイルSuicaでは、携帯端末ひとつで公共交通機関を利用できますし、Suica付きビューカードのなかには、大量のポイント還元率を誇るものがあります。

上手に情報を活用して「お得な生活」を実現させましょう。