これは便利!アフィリエイト に使えるツール無料・有料のもの19選

アフィリエイトのお役立ちツール

アフィリエイトサイトを運用していると、こんなふうに思うことが多々ありませんか?

 

  • 「ユーザーIDやパスワード管理がめんどくさい!」
  • 「キーワードを洗い出す方法がわからない…」
  • 「記事にあった画像が見つからなくて困っている」
  • 「納品された記事がコピペされてないか心配だ…」

 

サイトを長く運営すればするほど、こうした困った事態は多くなっていきますよね。

 

アフィリエイトに関するツールはたくさんありますが、実際問題、使ってはみたけど機能が微妙…というツールも少なくないのです。

新しくツールを導入するには勇気が必要ですし、実用的でないと判断するためのコストももったいないですよね。

 

そこでこのページでは、筆者が「本当に使える」と感じたアフィリエイト運用に便利なツールをまとめてご紹介します!

ぜんぶで19選、無料有料問わず、とにかく使い勝手のよいものを中心に解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

目的別、初心者も使いたいツール19選

それでは早速、目的別で利用したいアフィリエイトツールを紹介していきましょう!

 

キーワード系

アクセスを集めやすいキーワードを探す時や、自分が思いついたキーワードの検索回数を調べる時に便利なツールを紹介します。

 

Google広告キーワードプランナー(無料)

URL:https://adwords.google.com/ko/KeywordPlanner/Home

 

Google広告キーワードプランナー(無料)

 

「Google広告キーワードプランナー」は、Google広告にアカウントを作ると利用できるサービスです。(2018年7月より、Google AdWordsはGoogle広告に変更されました)

記事やサイトのテーマとなるキーワードの検索ボリュームや、それに関連するキーワードの調査に便利です。

またそのキーワードの競合性や、集客性の高さ・低さについても調べることができます

 

goodkeyword(無料)

URL:https://goodkeyword.net/

 

goodkeyword(無料)

 

「goodkeyword」では、キーワードのトレンドや関連キーワード、複合ワードを調べることができます。

Google、Bing、Yahoo!それぞれの検索結果を調べられるため、幅広いキーワードを洗い出したい時に便利です。

自分の頭で考えても思いつかないようなニッチなキーワードを選定したい時には、積極的に利用したいツールですね。

 

関連キーワード取得ツール

URL:https://www.related-keywords.com/

 

関連キーワード取得ツール

 

「関連キーワード取得ツール」では、「Googleサジェスト」「教えて!goo」「Yahoo!知恵袋」の検索結果から関連キーワードを調べることができます

よりユーザーの悩みに寄り添う記事やテーマを中心にしたいのであれば、このツールの検索結果が重宝することでしょう。

 

ホームページソフト

ホームページ制作ソフトは複数市販されていますが、アフィリエイトサイト制作に特化したものの中では、シリウスが飛び抜けてユーザー数が多く人気です。

 

シリウス(SIRIUS)(有料)

URL:https://sirius-html.com/

 

シリウス(SIRIUS)(有料)

 

アフィリエイト初心者の方が最初にサイト作りを始めるなら、「シリウス」がオススメです。

豊富なテンプレートに加え、HTMLやCSSの知識は不要。

ヘッダーや画像作成も簡単に行えるため、直感的にサイト制作ができます。

簡単なWebページや、サテライトサイトの制作にもとても便利なツールなので、持っておいて損をすることはないでしょう。

サイト管理

アフィリエイトサイトの数や、1サイトのページ数が増えてくると、見えない部分で瑕疵や不備が発生することもあります。

そんな時、サイトを管理するツールを使えば便利です。

 

Google Search Console(無料)

URL:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

 

Google Search Console(無料)

 

Googleサーチコンソールにサイトを登録することで、ページの追加や更新を行ったことを、検索エンジンにいち早く伝えることができます

そうすることで、検索エンジンへの登録スピードが早まったり、上位表示が早くなったりします。

またサイトの検索キーワードや、掲載順位なども確認できます。

アルミナ(有料)

URL:https://alumina-ai.jp/

 

アルミナ(有料)

 

サイト管理システム「アルミナ」では、複数サイトのサーバー情報やレジストラ情報などを一括で管理することができます。

有名なアフィリエイターさんが制作されました。

登録したサイトの発リンク、被リンクの解析はもちろん、ドメインの更新日等も設定することもできます

運営サイトが多くなるにつれ大変になる、外部SEO施策の管理の円滑化を図りたい方にオススメのツールです。

 

検索順位チェックツールGRC(無料版あり)

URL:http://seopro.jp/grc/

 

検索順位チェックツールGRC(無料版あり)

 

検索順位チェックツールGRCでは、ボタンひとつですべての検索エンジンの検索結果を見ることができます。

検索順位変化をチェックするための折れ線グラフが常に表示されるほか、競合サイトの順位チェックなど、より視覚的にランキング変動をチェックしたい方にオススメです。

ライセンスを購入すれば、最大無制限で複数のサイトの順位を確認することができます。

 

SEO・ライバルチェック

SEO対策やライバルサイトのチェックはアフィリエイトには必須の業務ですが、人が目視で行うには限界があります。

ツールを導入して、効率的に行いましょう。

 

SEOチェキ!(無料)

URL:http://seocheki.net/

 

SEOチェキ!(無料)

 

SEOチェキ!はブラウザ上で利用できる無料のSEOツールです。

主な機能は「サイトSEOチェック」「検索順位チェック」「キーワード出現頻度」「発リンク」「Whois情報」となっています。

「サイトSEOチェック」では多項目をチェックできますが、その他のチェッカーでは調べられる項数に限りがあります。

特に「Whois情報」ではドメイン登録者等をチェックできますが、より詳細なデータを調べたいときには別ツールを使ったほうがよいでしょう。

 

ahrefs(無料版あり)

URL:https://ahrefs.com/

 

ahrefs(無料版あり)

 

Ahrefs(エイチレフス)は、世界最大級の被リンクデータ量を備えた、SEO分析ツールです。

ライバルサイトの上位表示コンテンツのチェックだけでなく、キーワード分析やその検索ボリュームの調査、ランキング調査など様々なツールが備わっています。

また日本だけでなく、海外でそのキーワードを検索したときのボリュームも表示されるため、海外向けサイトの運用にも貢献してくれることでしょう。

7日間のトライアル機能がありますが、基本的には月額料金が必要です。

アフィリエイトB(afb)を通して申し込めば、毎月10%の利用料金がキャッシュバックされます。

 

ドメインチェック

ドメインを新規で取得する場合には、特にすべきことはありませんが、稀に過去に誰かが使用していたドメインだったという場合があります。

そんな時はドメインチェックツールを使用しましょう。

 

ウェイバックマシン(無料)

URL:https://archive.org/web/

 

ウェイバックマシン(無料)

 

ウェイバックマシンでは、これから取得したいと考えているドメインの過去の運用履歴を調べることができます。

新規で取得したドメインが、稀に過去に誰かが使用していたものだったということがあります

 

ウェイバックマシンにドメインを入力すると、過去にそのドメインで公開されていたウェブページのアーカイブを見ることができます。

新規ドメインで取得したのに、中古のドメインだったということを避けることができます。

 

画像加工

画像加工といえばPhotoshopが有名ですが、アフィリエイトサイトづくりではPhotoshopほど高機能なソフトは、必要としない場面も多くあります。

簡単に使えてちょっと加工するのに便利というツールを紹介します。

 

Snipping Tool(無料)

URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13776/windows-use-snipping-tool-to-capture-screenshots

 

Snipping Tool(無料)

 

Snipping Tool(スニッピングツール)は、Windows7以降に搭載されている画面キャプチャツールです。

PC画面全体はスクリーンショットキーでも保存できますが、スニッピングツールでは画面の一部を切り取って保存することができます。

 

Photoscape(無料)

URL:https://photoscape.jp.uptodown.com/windows

 

Photoscape(無料)

 

Photoscape(フォトスケープ)では、写真管理、簡単な画像加工を行うことができます。

コラージュ機能やコンポジション機能、またスクリーンショット機能も搭載されており、すべて直感的に使うことができます

Adobe Photoshopを使いたいけど難しい、という方にはうってつけです。

 

Button Maker(無料)

URL:http://box.aflat.com/buttonmaker/

 

Button Maker(無料)

 

Button Maker(ボタンメーカー)では、サイト制作に必要なバナーやボタン画像を作ることができます。

サイズや背景色、ボタンに表示させたいテキストなどを入力していくだけで、簡単に画像を作ることができます。

Photoshopなどのソフトが使えない場合や、画像を作る前のイメージを膨らませたいときなどに活用できます。

 

無料画像

画像素材を提供するサイトも増えてきました。有料で高品質な画像を提供するサイトも多いですが、無料のサイトでも十分使える素材は多いです。

 

Photo AC(有料版あり)

URL:https://www.photo-ac.com/

 

Photo AC(有料版あり)

 

PhotoAC(写真AC)では、無料で使える写真画像をダウンロードできます。

人物写真だけでなく、グルメ、職業、動物、風景など、様々なジャンルの写真を無料で使えます。

Webサイトのイメージ画像として、別の画像に挿入するための加工素材としてとても優秀です。

有料版に登録すれば、1日の検索回数や写真素材のダウンロード数を制限されることなく利用できます。

 

ぱくたそ(無料)

URL:https://www.pakutaso.com/

 

ぱくたそ(無料)

 

「ぱくたそ」でも、写真ACと同様に写真素材を無料でダウンロードすることができます。

季節ごとの企画やコラボ写真など、ぱくたそならではの写真素材が人気です。

 

足成(無料)

URL:http://www.ashinari.com/

 

足成(無料)

 

「足成(あしなり)」では、全国のアマチュアカメラマンの撮影した写真を、素材として無料でダウンロードできます。

カメラマンごとに写真が登録されているので、よりニッチな写真や他のダウンロードサイトでは見つからないような素材を探したいときに便利です。

 

コピーチェック

外注記事が不安、コピーや使い回し記事じゃないか?と不安になった時に便利なのはこのツールです。

 

コピペリン(有料)

URL:http://saku-tools.info/copyperin/

 

コピペリン(有料)

 

アフィリエイトサイト運用に慣れてくると、記事を外注する機会も増えてきます。

良質な外注ライターを見つけるのは難しく、時には既出の記事をコピーペーストしただけの記事が納品されてしまうこともあります。

それをそのまま公開すると大問題になってしまいますが、文章をコピペされていないかどうか確認するためのツールが「コピペリン」です

月額料金が必要ですが、複数記事を同時にチェックしたり、テキストをコピペして調べたりすることもできます。

 

アクセス解析

アフィリエイトサイトのアクセス解析にはGoogle Analyticsの一択です。

ページ内がどのように見られているのかを詳しく知りたい場合は以下に紹介するヒートマップツールも便利です。

 

Google Analytics(無料)

URL:https://analytics.google.com/analytics/web/provision/?authuser=0#/provision

 

Google Analytics(無料)

 

Googleアナリティクスは、その名の通りGoogleが提供している無料の解析ツールです。

サイトへのアクセス数だけでなく、アクセス元のデバイスや、どこから訪問してきたのかなどを解析することができます。

またリアルタイムのアクティブユーザーや、時間別の訪問数などもチェックすることができます

Ptengine(無料版あり)

URL:https://www.ptengine.jp/

 

Ptengine(無料版あり)

 

Ptengineでは、PC・スマホなどマルチデバイスでアクセス解析を行えます。

ページごとのヒートマップと呼ばれる表示が可能です。

ヒートマップとは、アクセスした人がページのどの部分に注目しているのか、どこで離脱しているのかをチェックすることができます

またリアルタイムアクセスはもちろん、外部リンクのクリック数等も調査することができる便利なツールです。

無料版もありますが、月額料金を支払えば無制限にヒートマップを利用できます。

 

※注意:文章ツールは使えないものが多い。自力で書くのが一番

ツールで作った記事は使いづらい

ここまで様々なカテゴリごとの便利ツールを紹介してきました。

しかしアフィリエイトを行う身としては、サイトやブログに掲載する記事を生成してくれる文章ツールが欲しい、と思う方もいるのではないでしょうか。

 

文章を生成してくれるツールはこれまでにいくつも開発されましたが、人間の目で見ると意味がわからない、使い物にならないものがほとんどです。

 

検索エンジンでは、ユーザーにとってより有益な情報が掲載されているウェブサイトが評価されます。

意味の通らない文章だけが掲載されたサイトを無数に作っても、それらが継続的に上位表示されることはありません

 

文章ツールは基本的に利用せず、自力で書いて訓練していくほうがよいでしょう。

 

まとめ:ツールはあくまでも補助的な役割として使う

アフィリエイトサイト運用に活用できるツールは、意外とたくさんあることがわかりましたね。

これらのツールはあくまでも補助的な役割を果たすものですが、SEO施策やアクセス解析を駆使していくのであれば、一度は利用しておいたほうがいいものばかりです。

特に新しいテーマやジャンルでサイト制作をはじめるときには、検索キーワードのボリュームを調査できるツールを使っていきましょう。

またそれぞれのツールには特徴がありますので、用途に応じて使い分けていくと、作業の円滑化に繋がります。