WAONが使える店【まとめ】デメリットやイオンカードのお得な使い方も

「WAONはイオンでしか使えない」と思っている人は多いのではないでしょうか?

実はWAONはイオン以外の店舗も含め、全国47万以上の店舗で利用できるのです。

この記事では、WAONの特徴、メリット・デメリット、チャージ方法、お得な使い方などをご紹介します。

WAONの特徴とは?チャージ式電子マネーだからすぐにお会計ができる!

WAONはイオンが発行するチャージ式の電子マネーです。

バーコード・QRコード決済サービスのようにアプリを開いてバーコード・QRコードを提示する必要がなく、お店の専用端末にWAONカードやモバイルWAONをかざすだけで簡単に支払いができます。

還元率は0.5%で、200円で1ポイント自動的に貯まり、貯まったポイントは電子マネーに交換して支払いに利用できますよ。(2019年7月からは還元率が1%に上がります)

年齢制限はないので、チャージすればだれでも利用することができます。

WAONの種類

WAONにはWAONカード、キャッシュカード一体型WAON、クレジットカード一体型WAON、モバイルWAONがあります。

WAONカード

WAONカードはイオンのお店のサービスカウンターなどで作ることができます。

発行手数料は300円で、年会費は無料です。

また、チャージの上限金額は50,000円となっています。

キャッシュカード一体型WAON

キャッシュカード一体型WAONには、「イオン銀行キャッシュ+デビット」と「イオン銀行キャッシュカード」があり、オートチャージ機能、キャッシュカード機能、WAONが一体になったカードです。

イオン銀行の口座を開設して、発行したいキャッシュカードを選ぶと発行することができます。

クレジットカード一体型WAON

クレジットカード一体型WAONには、

  • イオンカードセレクト(G.Gマーク付)
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型/G.Gマーク付)
  • イオンカード(WAON一体型/G.Gマーク付)
  • コスモ・ザ・カード・オーパス、
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(WAON一体型)

上記の7つがあります。

この中で、イオンカードセレクト(G.Gマーク付)とイオンカードセレクトにはキャッシュカード機能も付いていて、イオン銀行の口座を開設すると作ることができます。

それ以外のクレジットカードは、イオンカード公式サイトからオンラインで作成が可能です。

モバイルWAON

モバイルWAONには「通常のモバイルWAON」とマイルを貯めることができる「モバイルJMB1 WAON」があり、おサイフケータイ対応のスマホで利用することができます。

モバイルWAONは、Google Payで利用することもできますが、モバイルJMB WAONは対象外です。

Google PayでWAONを利用するには、まずはGoogle Payアプリのインストールが必要で、インストール後にWAONを使う設定をしてチャージをすると利用できるようになります。

モバイルWAONアプリをスマホで利用する場合は、WAONアプリをインストールし、氏名、生年月日、メールアドレスと電話番号を入力して入会登録をし、チャージすると使えるようになります。

WAONのチャージ方法

WAONはチャージ式の電子マネーなので、使用する前にチャージが必要です。

チャージの方法は、現金チャージ、クレジットカードチャージ、イオン銀行口座チャージ、外貨チャージがあります。

現金チャージの方法

現金でのチャージ方法は、

  • イオンのお店、ミニストップ、ファミリーマート、ローソンなどレジでのチャージ
  • イオンの店舗にあるWAONチャージャーでのチャージ
  • イオン銀行ATMでのチャージ

の3種類があります。

チャージ単位は1,000円です。

クレジットカードチャージの方法

クレジットカードでチャージする方法は、

  • イオンの店舗にあるWAONチャージャーでのチャージ
  • イオン銀行ATMでのチャージ、WAONステーションでのチャージ
  • WAONネットステーションでのチャージ、モバイルWAONアプリでのチャージ
  • オートチャージ
  • クレジットチャージ(その都度チャージ)

の5種類があります。

【クレジットカードを利用してチャージができるカード】
  • WAONカードプラス
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型/G.Gマーク付)
  • モバイルWAON
  • JMB WAONカード
  • モバイルJMB WAON
  • イオンJMBカード
  • 三井住友カードWAON
  • VJAグループ加盟店各社発行のWAONカード
  • JP BANKカードWAON
  • 吉野家WAON
  • スポーツオーソリティWAONカードプラス

イオン銀行の口座からのチャージ方法

イオンカードセレクト、イオン銀行キャッシュ+デビット、イオン銀行キャッシュカードは、イオン銀行ATMかWAONネットステーション、口座からのオートチャージを利用してイオン銀行の口座からチャージができます。

外貨からのチャージ方法

羽田空港、福岡空港の国際ターミナルにあるポケットチェンジを使うと、外貨をWAONに交換することができます。

海外旅行で余った紙幣や硬貨をWAONカードに直接チャージでき便利です。

WAONを利用するメリット・デメリット

WAONを利用するメリットとデメリットをご紹介します。

WAONを利用するメリット

WAONには、他の電子マネーとは違ういくつかのメリットがあります。

ここでは、そのうち3つをご紹介します。

  • 支払いがスムーズ
  • ポイントが貯まる
  • マイルが貯まる

支払いがスムーズ

WAONで支払うときには、お店で専用端末にかざすだけで決済が完了するので、急いでいるときも簡単に支払いを済ませることができます。

PayPayやLINE Payなどのバーコード・QRコード決済のように支払い時に「アプリを開いて、バーコード・QRコードを提示する」という手間もないので「とにかく早く支払いをしたい」という人におすすめです。

ポイントが貯まる

WAONで支払うと200円で1ポイントが貯まります。

電子マネーのiDやQUICPayは支払い時にポイントが貯まらないので「支払い時にポイントが貯まる」だけでもお得な電子マネーといえます。

また、WAONのチャージをイオンカードセレクトにすれば、クレジットカードチャージでもポイントを貯めることができます。

貯まったWAONポイントは電子マネーに交換して買い物に利用したり、家族や友人をシェアしたり、アイテムと交換することができます。

マイルが貯まる

イオンJMBカード(JMB WAON一体型/G.Gマーク付)、イオンJMBカード(JMB WAON一体型)、モバイルJMB WAONではWAONポイントではなくJALマイルを貯めることができます。

マイルを効率よく貯めたい人におすすめです。

WAONを利用するデメリット

一見とても便利そうに思えるWAONですが、デメリットもあります。

  • 現金に換金できない
  • WAONカードは発行手数料が必要
  • イオン系のクレジットカードしか使えない
  • チャージが必要

現金に換金できない

WAONにチャージすると現金に換金することができません。

チャージの上限金額は50,000円ですが、たくさんチャージしておいても「急に引っ越してWAONを使う機会がなくなってしまった」となるともったいないですよね。

チャージするときには「チャージ金額は現金にできない」ということを考えつつ、チャージ金額を決めましょう。

WAONカードは発行手数料が必要

「WAONカード」は発行手数料が300円かかります。

「300円くらい」と思うかもしれませんが、WAONポイントは200円で1ポイントたまるので、300円分のポイントを貯めるとしたら60,000円分の買い物をしないと元が取れません。

60,000円以上の買い物をして初めてお得になるので、WAONを使うなら、発行手数料のかからないクレジットカード一体型、キャッシュカード一体型か、口座開設やクレジットカードの審査の必要がなく手数料も無料のモバイルWAONの利用がおすすめです。

クレジットカードチャージはイオン系カードしか使えない

WAONのクレジットカードチャージにはイオン系のクレジットカードしか使えません。

さらにクレジットカードのチャージでポイントがつくのはイオンカードセレクトだけなので、「WAON支払い+クレジットカードチャージ」でポイントを2重取りしたい場合は、WAON機能がついているクレジットカードの「イオンカードセレクト」を作るとWAONポイントが貯まりやすくなりますよ。

チャージが必要

WAONはチャージ式の電子マネーなので事前に現金やクレジットカード、イオン銀行からチャージしておく必要があります。

チャージが面倒な場合は、イオンカードセレクト、イオン銀行キャッシュ+デビット、JMB WAONカード、JALカードからオートチャージをするように設定しておくとチャージする手間がなくなります。

また、電子マネーのiDやQUICPayはポストペイに対応しているので、支払った代金を後日クレジットカードの支払いと一緒に引き落とされます。

チャージもオートチャージの設定も面倒に感じる場合は、iDやQUICPayの利用がおすすめですよ。

WAONを使える店舗

WAONは全国47万以上の店舗で使うことができます。

WAONが使える主な店舗をご紹介します。

スーパー・ショッピングセンター

WAONが使えるスーパーには次のような店舗があります。

  • イオン
  • ダイエー
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • OPA
  • ビブレ

コンビニ

WAONが使えるコンビニには次のような店舗があります。

  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • ポプラ
  • セイコーマート

飲食店

WAONが使える飲食店には次のような店舗があります。

  • マクドナルド
  • 吉野家
  • キッチンオリジン
  • かっぱ寿司
  • ドミノピザ
  • コメダ珈琲店
  • CoCo壱番屋

ドラッグストア

WAONが使えるドラッグストアには次のような店舗があります。

  • ウェルシア
  • ハックドラッグ
  • ドラッグストアダックス
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • スギ薬局

家電量販店

WAONが使える家電量販店には次のような店舗があります。

  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ
  • エディオン
  • ジョーシン

レジャー施設

WAONが使えるレジャー施設には次のような店舗があります。

  • ユニバーサルスタジオジャパン
  • スパリゾートハワイアンズ
  • 沖縄美ら海水族館
  • 小岩井農場
  • 東京サマーランド

空港売店

次のような空港内売店でWAONが使えます。

  • 新千歳空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港
  • 那覇空港

高速道路

高速道路でもWAONが使えます。

  • NEXCO西日本
  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本

WAONをお得に使う方法は?オートチャージを活用しよう

WAONは支払い時に200円に1ポイント(0.5%還元)もらえるので、支払いでポイントがもらえない電子マネーよりはお得ですが、イオンカードセレクトでクレジットカードのオートチャージにするとチャージでも200円で1ポイント(0.5%還元)貯まるので、合計で1%の還元になりお得です。

クレジットカードチャージでポイントが貯まるのはイオンカードセレクトのみで、オートチャージのみが対象となるので注意しましょう。

さらに月間累計利用金額500円で1ポイントもらえるので合計の還元率は1.2%になります。

さらに、店舗で買い物時にPontaカードやdカードを提示すれば100円で1ポイント貯まります。

「WAONでの支払いで0.5%+イオンカードセレクトでのオートチャージで0.5%+月間累計利用金額500円で1ポイント(還元率0.2%)+Pontaカードかdカードポイント提示で1%」

上記の組み合わせにすれば合計で2.2%の還元になります。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは年会費無料で、イオン銀行のキャッシュカードとクレジットカード、WAONが一体化しているカードです。

WAONのオートチャージや公共料金の支払い、給与の受け取りでWAONポイントが貯まります。

国際ブランドはVISA、Mastercardから選ぶことができます。

毎月10日はポイントが5倍、毎月20日と30日のお客様感謝デーは5%オフなどイオンでの買い物がお得になります。

WAONのクレジットカードチャージで唯一ポイントが貯まるのがイオンカードセレクトなので、WAONポイントを効率よく貯めたい人はイオンカードセレクトの利用がおすすめです。

まとめ:イオン系のお店をよく利用するならWAONを使って損はなし

WAONの利用がおすすめの人の特徴をまとめました。

  • イオン系のお店をよく利用する人
  • イオン系のサービスでまとめたい人

WAONはイオン系のお店で使うとWAONポイントが貯まりやすかったり、お得に買い物ができるので、イオン系のお店によく行く人、イオン系のクレジットカードを持っている人におすすめの電子マネーです。